遺品整理人が教える遺品整理術

「孤立死」の記事一覧

トイレでの孤独死

赤く染まった便器!それが孤独死を学ばない理由であってはいけないと思う。

◆ 結論(まさか自分の身内に孤独死が起きるなんて想像もしていなかった。) 自分の身にいつ起きるかわからない孤独死という最後。 連絡を取っていた身内が、最後は孤独死という死に方で終わった。 ひとごとではない孤独死 みまもり […]

孤独死と向き合う人は考えている!一人で静かに誰にも迷惑を掛けない「孤独死」のマニュアル

誰にも迷惑をかけず、静かに生き世間の片隅で「ひっそりとこころ安らかに死ぬ」そんな孤独死。しかし世の中ではその孤独死を遂げるには準備が必要になります。 延命治療の中止で戸惑う医療現場 呼吸を補助し命を支える人工呼吸器を外す […]

もしも、自分がお部屋で亡くなった家族の孤独死に直面したら、判例から見る原状回復と遺品整理の手配

誰にも看取られずに、ひとりお部屋の中で亡くなっている「孤独死」 核家族化が進む日本で今後さらなる孤独死への拡大が予想される現代で、そこに常識を逸脱して請求をしてしまう賃貸物件におけるトラブルが発生しています。 もちろん、 […]

孤独死した親の家を清掃する!遺品の整理と清掃をどうやって良いかわからないときは相談しよう。

今回の実際の現場を動画でご紹介 いつ誰が遭遇するかわからない身内の孤独死 あなたは誰がいつ亡くなるかわかりませんよね? 亡くなってから気付く親の有難みとはどのようなものなのか、そして、他人にはわからない遺族の悲しみを知っ […]

「世界で最も悲哀に満ちた仕事」 として海外サイトで特集されていたのは、日本の遺品整理クリーンサービスだった。

「世界で最も悲哀に満ちた仕事」 として海外サイトで特集されていたのは、日本の遺品整理クリーンサービスだった。高齢化社会が進んでいる日本では、孤独死で亡くなる人は年間約3万人とも言われている。2015年のひとり暮らし高齢者 […]

孤独死から教わる自分の現状(閲覧注意)

1.孤独死とは何か 日本では誰にも看取られずに生活していた部屋でただ一人息を引き取ってしまう「最後の迎え方」がある。 孤独死という意味は「孤独」と「死」が合わさったそのままの意味を持つ言葉といえるのでしょう。 「誰にもみ […]

東日本大震災から3年が過ぎて

本日、3月11日はあの東日本大震災があった日時です。午後14時46分黙祷をさせていただきました。   被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げると共に、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に深くお悔やみを申し上 […]

なぜ、孤独死(孤立死)が増え続けるのかそれは

日本の今、孤独死(孤立死)が増え続ける理由は高齢や一人になるとどうしようもない寂しさが襲ってくる場合があることに気づいているだろうか。 若い頃は、誰とでも友好的な状態で生活していたが歳を重ねるにつれお友達が旅立ちを迎えた […]

若すぎた孤独死の遺品整理、一人の女性の命

若い女性が今、餓死や孤独死で亡くなっている。 経済大国といわれる日本だが、餓死や孤独死などの悲惨なニュースが絶えることがない。男女平等といえどその背景には給料という格差があるのかもしれない。 将来のために貯蓄は必要となる […]