遺品整理人が教える遺品整理術ブログ

遺品整理人

遺品整理の現場から思う50年後の日本

遺品整理人が現場で思うことや日々の日常でなんとなく疑問に感じていることを調べてみました。 この先高齢化社会という未曽有の時代に突入する日本で果たして推計だけで現実が循環していくはずがないことは皆さんも感じるのではないでし […]

遺品整理人が思う家族と家

「親が残してくれた一戸建て」子供の事を思って残してくれた家だが遺品整理人は様々な場面でその後を考えるときがある。   家を残してくれた親には感謝しているが、もしもそこに住まない場合はどうだろうか? 40年間「も […]

親の遺品整理をしようと思ったけれど、部屋に行ってみたときには手が付けられない状態だった。

近年、親の家を片付けるという本まででてきた遺品整理の状況についてまとめていきたいと思います。 親が亡くなりしばらくそのままの状態でお部屋を保存していたり、急に亡くなり心がロス状態に陥ってしまったりという遺族にとっては様々 […]

遺品整理人が教える年末年始に帰省したら必ず親に確認しよう。将来の終活で後悔しないために聞いておくべき3つのこと

みなさんこんにちは! 遺品整理クリーンサービスの新人「遺品整理人」田中マコトです。  あなたは最近実家に帰省していますか? もし、あなたが実家と別の場所で暮らしているのであれば年末年始などのタイミングは「親に会うタイミン […]

孤独死から教わる自分の現状(閲覧注意)

1.孤独死とは何か 日本では誰にも看取られずに生活していた部屋でただ一人息を引き取ってしまう「最後の迎え方」がある。 孤独死という意味は「孤独」と「死」が合わさったそのままの意味を持つ言葉といえるのでしょう。 「誰にもみ […]

遺品整理人にも涙が・・・

こんにちは、みなさんは日々1日を精いっぱい生きておられると思います。 大切な家族と過していて、時には少しでも嫌なことがあると死んでしまいたいなんて思ったことはありませんか。 ですが、そんなかんたんに「死にたい」なんて言葉 […]

「写真を見ていても帰ってこない」遺品整理

今回、ご遺族の言葉で印象に残ったのは、「写真を見ていても帰ってくるわけではないからアルバムを見たくない。」 という言葉とそれをさびしく見つめるお父様の姿でした。 一瞬、強く心を打たれた言葉だったがその悲しさは痛いほどわか […]