img958

故人が住んでいたお部屋には大切にしていた「遺品」があります。

その遺品をどのように処理したら良いのかわからないときはありませんか。

納棺のときに入れられるものは限られてきますし故人と一緒に旅立ち先へ持って行ってほしいものなど、たくさんの遺品が思い出となり気持ちの上でも大切に扱いたいものです。

ですが、最近では位牌や遺影など一般の方がお寺に持って行っても檀家でなければ引き受けてくれなくなりました。そこで私たち遺品整理業としてはきちんと供養する遺品はお寺や供養所などへ持参しご遺族様に安心してご利用いただけるようにしています。

近年では核家族化が進みご近所付き合いが少なくなるなど老人や1人暮らしの方の孤独死発生件数が多くなってきております。

その結果として死亡確認の遅れ等による遺体の腐乱が進み発見時点で、悪臭・汚染・雑菌等深刻な現場状況となり、遺族の方や一般の清掃業者では原状回復は困難となります。

孤独死物件での身寄りがない位牌に関しても当社は故人を偲び心をこめて供養させていただいております。

  • 故人が大切にしていたからしっかりとした場所で供養してもらいたい。
  • 遺品をこのまま処理するのは気持ち的に少し不安である。

「供養」、という言葉で念などを心配されている部分もあると思いますが、生前のお友達との思い出は消えるものではありません。だから「心の整理」という部分を重視して供養するのが効果的です。

「遺品」
役目を終えた品々です。
役目を終えた物は、役目を終えたものとして処分するのが、亡くなった方の身の回りの始末をして差し上げることにつながります。
その最後の締めくくりのところが、遺品整理ということです。

いつまで取っておいても未練になりますし、後から目にすれば、また悲しみも新たになりますから。

そして、いつまでも悲しんでいることは、仏様のために良くない(往生の障りになる)ことなのです。

もちろん、小さな装身具など形見として残すものもあって良いのです(この先も使う物なら残す。それが整理)。

しかし、
役目を終えた品々は、片付けてこそ、遺された方々の気持ちの区切りにもなることです。
たとえば、
親御さんの生前のままに家財道具一式取っておくとしたら、家一軒をそのままにしておくことになるわけで、それは現実的ではないばかりでなく、往生の障りになる・・・と言っても言い過ぎではないかもしれません。

私たちは、ご遺族の「心の整理」をお手伝いいたします。

オフィシャルホームページ

https://shobunya.com

tel