DSC01340

いざ自分が遺品整理を業者に依頼するとなると名前は聞いたことはあるけど一体どんな時に必要なのか?どんな仕事なのか?

など、なかなかご存知ない方も少なくないようです。

まだまだ知られていない「遺品整理会社」について解説します。

遺品整理会社への依頼が必要な時って?

大きく分けて3パターンあります。
ご家族の死後に整理・処分する場合
亡くなった方と喪主様やご家族が別に暮されていた場合です。
なおかつ、遠方だったり、一戸建てだったりするとご家族だけで整理や家の処分もなかなか難しく、遺品整理会社に依頼をされます。
特殊清掃が必要な場合
事件、事故、孤独死などご遺体の発見が遅れた場合です。
腐敗や血痕などのダメージを受けた室内は特殊清掃を依頼する必要があります。その際ご遺族が遺品整理を行うことは難しいため合わせて遺品整理会社に依頼します。
自分の死後に誰も住まない場合
身寄りがない方や家族が遠方に住んでいるなど、独居生活をされている場合です。
ご自身の死後、家財や貴重品・家の処分などについて考えられ生前から調べられて万が一の時は、遺品整理会社に任せたいと考えられる方が意外と増えています。

「大きな家具を運び出し処分することは大変なこと」

遺品整理ってどんなことをするの?

遺品は思い出の品物
遺品とは、思い出の品を指すと考えています。
家の中にあるゴミや焼却してしまうものと思い出の品を仕分けしていくこと。それが遺品整理の仕事だと思います。

最近は引越し会社や運送会社も遺品整理を謳っていますが、遺品整理会社は「思い出の品とそうじゃないもの」を選別したうえで、家の中をきれいにしていきます。

遺品整理に入る前に、最初にご家族に立ち会っていただき、貴重品や書類と一緒に思い出の品はお持ち帰りいただきます。

遺品の中には大変貴重な品が出てくることがあり、その際には遺品買取ができる遺品整理会社であれば査定のうえ、買取をしてくれることもあります。
思い出の品を見つけていく
最近はご家族でも別に暮らしていると、亡くなったご本人の思い出の品がどんなものかわからないことがあります。

そこで遺品整理会社が整理をしていく中で、カメラと現像された写真があれば「写真が趣味だったんだな」、大事にしまってある着物があれば「思い入れのあるお着物なんだな」と推測しながらではありますが選別していきます。

そういったものを処分する前にご遺族様に確認していただき、ご希望があればお返しします。

tel