IMGA0096

出来る範囲で、必要な物を取り除いて頂ければ、作業は早く終了します。
仕分けが出来ない場合は、スタッフへお任せ下さい。

仕分けといえばこちらも併せて確認して置きたいチェックポイントになります。

必要な手続きを仕分けしておく

年金関係の手続きや、生命保険の死亡給付などの給付関係の手続き、公共料金やクレジットカードなどの契約の引き継ぎ・解約手続き、登記や名義の変更など必要な手続きを仕分けして、何を優先してやるべきかを整理しておきます。特に申請期間が死後14日以内など短いものも多いので、忘れずに確認しておくようにしましょう。

申請期間が短い手続き一覧

申請期間が短い手続きはこのようなものがあります。

種別期限手続き先必要書類
死亡届、
火葬許可証交付申請書
死亡の事実を知った日を含めて7日以内市区町村役場(死亡者の本籍地 or 死亡地 or 届出人の所在地)死亡診断書 or 死体検案書
※普通は葬儀の前に手続きを行う
印鑑登録証、住民基本台帳カードの返還死亡届の受理と同時に廃止されるため、速やかに。市区町村役場
年金受給権者死亡届10日以内(国民年金は14日以内)年金事務所死亡者の年金証書、死亡の事実を証明する書類(戸籍抄本、死亡診断書のコピーなど)
世帯主変更届14日以内市区町村役場届出人の本人確認資料
介護保険資格喪失届14日以内市区町村役場介護保険被保険者証、死亡の事実を証明する書類
国民健康保険資格喪失届14日以内市区町村役場国民健康保険被保険者証、死亡の事実を証明する書類
後期高齢者医療資格喪失届14日以内市区町村役場後期高齢者医療被保険者証対象者の場合、相続人の印鑑・預金通帳(高額療養費がある場合)、限度額適用・標準負担額減額認定証、特定疾病療養受療証

tel