どうしても処分するものだけを選別する遺品整理

故人が生前便利に生活をする上で必要だった遺品。人それぞれ持ち物はちがいますが、ただ単に捨てることは誰でもできます。しかしリサイクルすることによってまた生まれ変わるものもできてまいります。
ですが、遺品整理クリーンサービスは可能な限りリサイクルまたは再利用するための徹底した分別をすることにより環境にもご依頼者様の費用負担的にも役に立つサービスの展開をしています。

リサイクル率を意識した徹底した分別

リサイクル率を少しでも高くしようと遺品整理クリーンサービスが努力していることが、未使用のもの、リサイクルできるもの、再使用できるもの、譲渡できるものなど手間を惜しまず一つ一つ手作業で分別している工程となります。

極力ゴミとして処分するのではなく江戸時代のようなリサイクル率90%という日本が世界に誇るリサイクル精神を継承できるように1企業として取り組んでおります。
すべてゴミ処分としてしまうと、ご依頼者様の費用の負担が増加してしまいますのでその、費用負担を軽減するための手間作業となります。

衣類などの古布はどのようになっていくのか?

遺品整理クリーンサービスでは、古布を一時保管し、適量になったら古着の選別工場へ移動していきます。そこでは、人が手作業で分別してこれからまた再利用できるもの、汚れていない物、仕方なく処分するものなどの種類に分けていきます。

そして、衣類の梱包状態では約100キロ単位で梱包していきます。圧縮・梱包することで輸送する車両に大量の古着が積載されます。その、圧縮・梱包された衣類の最終的な手段は、マレーシア・大韓民国・フィリピンなどに再利用品として輸出されていきます。

どうしても、処分しなくてはならない衣類は国内の再利用工場で加工され工業用の雑巾などに生まれ変わっていきます。

生活に便利な電化製品のゆくえはどうなるの?

OA機器、家電リサイクル法に該当しない小型家電は適量になり次第に、国内リサイクル工場へと運んでいきます。そこでは、細分化したリサイクル技術によって8種類の資源ができます。そして、レアメタルなどの希少な資源が採取されてくるのです。
「すてればただのゴミ」ですが、人が便利に暮らしてきたものからはリサイクルできるように最初から設計されています。それらを不用品として回収し、ヤード業者へわたして国外へ輸出するということは遺品整理業としては一般的ではないと言えます。

こんな、国外不法投棄する業者には注意してください。

個人情報などが記載してある紙類はどうなるの?

遺品の整理をしている中でいちばん多いのが紙類の処分ではないでしょうか。遺品整理クリーンサービスでは個人情報が記載された紙類のリサイクルは「溶解処理」(溶かしてしまう)へと変わっていきます。

すべて溶かしてしまうので「個人情報」も解けて消えてしまいます。その後は、大手の製紙工場で加工され再生紙などの紙に生まれ変わっていきます。
遺品整理クリーンサービスでは、そのほかにも細分化した分別を行うことにより原材料として再生できるようにリサイクルの範囲を広げています。故人が遺した遺品ですが、すべてゴミにするわけではなく生きている私たちが再生していくことを念頭に置き、モノをまた利用していく循環型社会への取り組みがご依頼者様の費用負担に繋がっていっています。

遺品整理の100%無料現地見積りを受付中!

  • 突然の死亡で至急部屋を引き払わなければならない
  • 大量の遺品で自分たちだけではとても整理できない
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 体力的にきつくて遺品を整理することができない
  • 仕事で忙しくて、遠方だから遺品整理する時間がない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

上記のどれか1つでも当てはまる人は、遺品整理クリーンサービスまでご連絡ください。あなたに代わって「遺品整理・特殊清掃」を解決いたします!

しかし、その金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確なお見積りの総額を知ることができます。

otoiawase