萩原 良治萩原 良治

「身内に迷惑をかけたくない・・・」
私たちがご相談いただく生前整理に悩むご相談です。誰しもが人生の集大成として身の回りを整理することが少なくありません。ここでは、生前整理とその方法をご説明させていただきます。

生前整理のお悩みございませんか?

悩み1

家中に雑然としているものを整理したいけど、何からすればよいかわからない・・・

悩み2

親が高齢で片付けができていない・・・

悩み3

親のまた親の遺品がずっとしまってあって使わないからなんとかしたい・・・

悩み1

親が老人ホームに入居するから残りを処分したい・・・

悩み2

親が認知症で部屋にため込んでしまう・・・

悩み3

身内には迷惑を掛けたくないから準備しておかないと・・・

クリーンサービスに生前整理を依頼するとこんなメリットがあります。

1-1.残された家族が苦労や迷惑を感じない

高齢で一人暮らしの場合、ご自身が亡くなった後に身内で遺品を整理してくれる方は誰ですか?

子どもたちが片付けてくれればいいのですが、いまは、誰もが一生懸命働いている時代です。昔のように主婦業に専念した女性たちが集まって整理を行ってくれる時代ではなくなりました。
働きながら子供を育てる時代になって、ご自分の子供が仕事や子育ての他に親の片付けまで手が回らないのが現実です。そんなとき、クリーンサービスの生前整理サービスを利用すると、

  • 親は子供に片付けを依頼しないで済むため、趣味に出かけることが出来る
  • 子どもは働いて、帰って家事や子育てに専念できるので夫婦円満で生活できる
  • 親と子どものどちらにも労力の削減ができる

1-2.生前整理は残された人生を身軽にできるため、安心した老後を過ごせる

生前整理をクリーンサービスに依頼することによって、本当に今、必要なものだけを残す生活ができます。そして、人に文句も言われずに快適に過ごせる空間が広がることでしょう。もし、急激な病気の為、介護が必要な場面になっても必要最低限の物だけがある部屋なので、バリアフリーなどの工事もスムーズに行えることになります。

1-3.生前整理をして老人ホームへ入所

介護付き老人ホームなどに入所する際には、家具や家電など持ち込める割合は非常に低くなります。家具・家電付きが当たり前になっているこの時代で、自分に必要なものを選んでホームへ入所することになりますが、残った物は子供たちが片付けをするのではなく、クリーンサービスが買取または処分することが出来るため手間を省くことが出来る。

今はまだ元気だからと言ってても10年後を考えよう。


人は何もしなくても必ず年は取っていきます、人は誰でも最後は死が待っています。今は、50歳だけど10年後は60歳になっています。その時に50歳の時にあった体力が、60歳になった時に無くなっていることに気づいてきます。

30代、元気なときは、こころもからだも充実

生きることを前提に過ごしている期間、残りの人生をどう過ごすか考えもしない。

40代、腰痛や関節痛など体は老いの準備に入ります。

  • たくさんの手荷物が負担になってくる
  • 重い荷物がもてなくなってくる
  • 高いところの荷物に抵抗を感じるようになる

50代、体力の老いとともに判断力や決断力が鈍ってくる

  • いるものと要らない物の区別が出来なくなってくる
  • 家を片付ける事が出来なくなっってくる
  • 身体が疲れやすくなっていろいろなことが出来なくなってくる

60代、記憶力も無くなってきて周りのサポートが必要になる

  • 一人での生活が困難になってくる
  • どこになにがあったか把握できなくなってくる
  • 家族や福祉サポートが必要になってくる

70代、心と体が老いて介護が本格的に必要になる

  • 字を書くことが困難になる
  • 悪徳商法に引っ掛かりやすくなる
  • 出来ていたことができなくなる。

すべてはご家族のために

クリーンサービスは現在も、これからもご家族のために整理することを「頼りになるサービス」として生前整理に関するお手伝いをご提供してまいります。

若い時は何一つ散らかっていなかった部屋で、親が認知症になり、物が増え続けていってしまった。いったんは家族で片付けたが、半年もたたないうちに部屋にあふれんばかりの要らない物があった。それらは、集積所で拾ってきたものも含まれていた。

認知症になって、部屋の中が空っぽになってしまっていると、その空間に物を詰めてしまうことが認知症の方の安心感となってまいります。自分の物だけを詰めることはよいのですが、拾ってきてまで詰めようとしてしまうので定期的な生前整理が必要になってまいります。

生前整理を効果的に行うそのやり方と方法を伝授します。

いままで、生前整理ということばや説法はどこの生前整理のホームページをみても書いてあることは同じような内容だけど、ここでは老後に直面し片付けが困難な一人暮らしになった方でも迷わず簡単にできる方法を伝授いたします。

はじめるにあたり、10年後の自分を思い浮かべながら10年後にこの世にいないかも知れないことを考えて行いましょう。

1-1.適当な大きさの段ボールを3つ用意しよう

45サイズまたは60サイズの段ボール箱を3つ用意しよう。

1-2.1年経っても使わない物、誰かに使ってほしい物、家族に残す大事な物に分けましょう。


すべて、全部を残しておくことは難しい決断です。捨てるものは捨てる、「1年、四季を通して使わなかったものは感謝の気持ちを持って処分しましょう」

1-3.分け終わったら段ボールに何が入っているか書いておきましょう


分け終わったら収納や部屋の隅に置いておきましょう。段ボール外側にマジックで書いておくことを忘れずに。
書いておけば外から見てもわかりやすいので、わざわざフタを開けなくても手間が省けます。

1-4.1年以上使わなかったものが分別付いたら処分しましょう。


年を取ると誰しもが、「ゴミだから処分する」ということに罪悪感を覚えていってしまいます。そんな時、ご自身で分けられることができるならば、「1年、四季を通して使わなかったもの」を分別してその物だけを処分しましょう。

子どもと言えど、親にとっては捨てられることを嫌いますのですべてを捨てるのではなく、1年使わなかったものだけを処分するといった方向で片付けていきましょう。

春・夏・秋・冬と四季折々で使わなかったものは、「また、来年使わない」と思います。

1-5.使わない物が大量に合ったら私たちにお任せください。

1年以上、使わなかったものが大量にある場合でも自分達では生前整理できなかった場合でもクリーンサービスがお手伝いいたします。片付ける方法は項目別に分けることが違うだけで私たちも段ボールに分けていくので一緒です。大量にあればそれを一度に処分することは一般では難しいですよね。
生前整理を業とおこなっていれば手配ができることは当たり前のことですので、途中までやったけれどできなかった場合や、最初からお任せしたい場合などはクリーンサービスへご相談ください。
生前整理の多種多様な案件にたずさわってきたクリーンサービスだからできる事をご提供いたします。

遺品整理の100%無料現地見積りを受付中!

  • 突然の死亡で至急部屋を引き払わなければならない
  • 大量の遺品で自分たちだけではとても整理できない
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 体力的にきつくて遺品を整理することができない
  • 仕事で忙しくて、遠方だから遺品整理する時間がない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

上記のどれか1つでも当てはまる人は、遺品整理クリーンサービスまでご連絡ください。あなたに代わって「遺品整理・特殊清掃」を解決いたします!

しかし、その金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確なお見積りの総額を知ることができます。

otoiawase