遺品整理とは
少子高齢化に伴い増加しているサービスの一つに、ご遺族に代わり故人が生前に使用していた物品を要るものと要らないものに分け、処分したり清掃をご遺族に代わり代行する遺品整理と呼ばれるサービスがあります。

 

それは、通常の「片付け」とは違い遺品整理の場合には故人が使用していたものへの思い入れもあり「供養」が必要になる物品も含まれています。

 

そこで代行する業者には必要な経験と遺族への意向を汲み取れる作業が求められます。

特に供養するべきものと処分するべきものなどを確実に選別する必要がありますので遺品整理業にはそのスキルが非常に高いものでなくてはなりません。

 

なぜならば、そこにはそれぞれのご遺族の思いが関係しております、故人に対する敬意と礼儀をきちんとしなければ失礼にあたるからです。

「まだまだ先のこと」と思っていませんか。

「それは」突然にやってくるかもしれません。

地域災害、異常気象による洪水などの自然災害、まさかの花火大会での爆発事故、精神的苦痛による自殺など最近では思いもよらないニュースをめにする事が増えたように感じませんか?

 

被害にあわれた方々も、そのときまでは自分に関係ないと感じられていたことでしょう。誰しもいつ「そのとき」に直面するかもしれません。その場合遺品整理費用という急な出費で困るのは残されたご遺族なのです。

この機会に「遺品整理」についてお考えください。

お元気な方に突然「死」が訪れるということは想像しにくいでしょう。しかし、「まだまだ先のことだから大丈夫」と思っていても年老いてからでは遺品整理の費用を用意するのは大変です。また、いざ病気になってからではご家族で遺品整理を行うのは高齢であれば重労働な上、困難なこととなります。

 

「自分の葬儀は自分で準備する時代へ」

親の面倒をみる余裕は子供にはない?
数十年前の日本では「親の面倒を子供が見るのが当たり前」という認識がありました。

長男が中心となり、他の子供たちも協力しながら年老いた両親を支える。そんな枠組みがそれなりに機能していました。

しかし、少子化・晩婚化・不景気などを考えると、こうしたことは既に期待しにくくなっています。

遺品整理とは?

一般的には亡くなった故人の遺品(生活道具)を形見や不要な物へ整理することを遺品整理といいます。

しかし、どうやって遺品を整理するのかは実際にお部屋に行き、本当に必要なものかどうかを判断しなくてはなりません。

たた粗末にすべてゴミにしてしまうのは遺品整理とは言わず遺品処分となるでしょう。

もちろん、遺品整理をした後に処分しなくてはお部屋を片付けることはできませんのでその際には地域のゴミの出し方のルールに沿った出し方をしなくてはなりません。

親族で遺品整理を行うことは、故人と別々に住んでいることの多い現代でなかなかスムーズに行うことが困難になっているケースがほとんどです。

いったい何を残すか、残さないかは親族が1人の場合は気持ちの整理がつくまでに相当な期間が必要になります。

なぜならば、多数の兄弟や姉妹がいる場合ですと、捨てようか捨てないか悩んでいても別の兄弟は捨てようと気持ちの整理が住んでいる場合があり、1人で悩んでいるとあっという間に月日が過ぎていってしまいますよね?

「遺品整理は気持ちの整理と物への供養」

故人が遺していった遺品は見ていても辛い物、捨てる事への忍びない気持ちに整理をつけることこそ、これからの遺族にとって新生活へと時代は変わっていきます。

すべて処分するのではなく、形見として持っておきたいものは取って置きそのほかは処分するといった遺品の整理は気持ちに整理をつける上でとても大切なことになるでしょう。

なぜ遺品整理をするのか?

故人が激動の人生を歩んできて、故人が便利に暮らしてきた遺品には様々な試行錯誤が施している場合があります。

その生きてきた部屋で便利に暮らすように手を加えられた箇所は思い出となってくるでしょう。

遺族にはなぜそのように手を加えたかわからないこともあるかもしれませんが、故人には過ごしやすいと思った方法なのかもしれません。

ただ、遺品はそのままにしておいても物を見て思い出だけしか湧き上がってきませんし、時間は過ぎ去っていくだけの無情な期間になってしまいます。

故人の遺品を整理しようと思っていても、なかなか手を付けることが出来なくなるのが遺族の心情となるのではないでしょうか。

遺族が思い出を大切に残していくためには、故人の家財道具をすべて残しておくことではなく、「形見を大切に保管する」といったことで良き思い出をいつまでも大切にできると思います。

そのためには、故人が住んでいた部屋を必要なものと不必要なものに分けていかなくてはなりません。

最低限、いつかその遺品を見て故人を思い出すことが出来ればそれが供養にもなりますので遺品整理をすることの大切さは、後に故人を偲ぶことのできる行いでもあります。

遺品整理のタイミング

遺品整理を行う際に、「期限」や「いつごろ」といった制約は特にありません。

5年ひと昔でいえば、49日が過ぎるまではそっとしておきたいといったこともございましたが、現代では賃貸住宅や売却物件に住んでいた場合、亡くなってから1ヶ月位で明け渡すこともあります。

そして、遺族が気持ちに整理をつけるタイミングも早まってきており49日を過ぎてから遺品整理するよりも、49日の法要に故人へ報告できるように遺品整理を行う遺族も多くなってきています。

つまり、遺品整理をするタイミングというのは遺族の気持ち次第となります。

賃貸物件で誰も住んでいないのに遺品のために家賃を払いつづけることよりも、一度に業者に依頼して遺品整理を行うほうが時間や労力の節約にもつながっていきます。

遺品整理を行うときに、一番必要なこととは「時間」とそれにかかる「労力」です。

遺品整理にかかる時間

遺品整理は粗大ごみの小口の片付けとはちがい、家の中すべての遺品や設備機器・改造箇所の修繕といったことがメインの行いとなります。

そして、それにかかる時間というのは想像以上に掛かってきます。読み終わった雑誌などがあれば束ねたり運んだり、地域のルールにそった分別や時間といった制約が関係してまいります。

その都度、そこのお部屋に行っては同じことを繰り返して少なくしていき時間を費やさなくては空の状態にはできないのです。

遺品整理にかかる労力

現在では合板性でできた家具は軽いものが少なくありませんが、むかしは、嫁入り道具として婚礼タンスといった重量のあるタンスなどがあり、通常のタンスとは違い材質がしっかりとしたもので作ってあるため重量がとてもあります。

そして、婚礼タンスの他に通常のタンス類が置いてあるお部屋が少なくはないのではないでしょうか?

合計すると10竿くらいのタンスの数になるのが平均的な量であるでしょうが、それを1竿ずつ運び出す労力はかなりの割合で消費してしまいます。

もちろん重量のあるタンスを運びだすのは1人では困難を要すため、もう一人と人材が必要になります。

日常に重量物を運び慣れている方は体が反応すると思いますが、突発的に始める方は重量物を持つときは体が慣れていないために痛めてしまう危険性もありますので注意が必要です。

高齢になるとモノを処分する方も多くありません、その為亡くなってから大量に残っている場合も現実的には起きている現状です。

可燃物を処分する為、袋詰め200袋、タンス類10竿、不燃物50袋、その他、一つ一つを持って処分するのは部屋から集積所までとても労力のいる根気のいる行いです。

遺品整理はすべての遺品を仕分け、運ぶといったとても労力のいる行いとなります。

遺品整理のメリット

遺品整理を行った際にどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

01.業者に依頼すればスムーズに終えられる

ここでは、私たちのような遺品整理専門業に依頼した場合ということでご紹介いたします。

専門業以外の、便利業や不用品回収業ではスムーズな遺品整理が行えないトラブルが発生してしまう危険性が大いにございますのでご注意ください。

亡くなった故人が持ち家ではなく、賃貸住宅で暮らしていた場合は亡くなってからの期限が2週間で明渡しという都営住宅や県営住宅などの事例があります。

その場合、速やかに遺品整理を行い原状回復をするとなれば遺族で行う遺品整理よりも専門業で行う遺品整理は時間と手間が大いに短縮できることになるでしょう。

また、故人が住んでいた場所が遠方だった場合、そこに通うことの時間や労力も遺族でおこなう遺品整理と専門業で行う遺品整理との違いでもあります。

遺族でおこなう遺品整理が少しずつとしたら、業者で行う遺品整理は一度ですべて処理できる違いがあります。

02.遺品整理に掛かる負担を減らすことが出来る

遺品整理というのは、一生に何回も経験することではありませんのでイメージがしやすくないと思いますが、1人が生きてきた家財道具というのは思っている以上に物量が多いのが現状です。

タンスやベッド、食器棚などの大型家具は目に付きやすい物ですが、細かい物の分別の労力は想像以上になることが少なくありません。

例えば、爪切りの外側にカバーがついている材質はプラスチック、爪切り本体は金属製

喫煙者だった場合、タバコは可燃ですがライターは不燃ごみです。

スプレー缶のフタは可燃ごみですが、スプレー缶は金属製です。中身が入ったまま処分できるか使い切らないと処分できないか?

  • ヘアースプレーは、缶 びん ペットボトルと一緒
  • 塗料やペンキのスプレーは、不燃ごみ
  • スプレー缶・カセット式ガスボンベは必ず使い切ってください。

など、地域のルールでそれぞれ違った分別方法が求められますので大型家具よりも小物の方が手間は想像以上に掛かることを念頭において労力と相談しながら行わなくてはなりません。

故人が亡くなって手続きなどであわただしく忙しい毎日を過ごしていく中で、そのような遺品整理で労力を使うことは一般的に1人では不可能になるでしょう。

その負担を減らすためにも専門業者がメリットのあるご提案をして、遺族の負担を減らすことが可能になっています。

私たちはさまざまな現場を経験してきて、遺族の負担を減らすことに成功してきました。精神的に疲れ切ってしまっては新生活に向けて進むことが困難になってしまいます。

ですが、メリットを知っていただき依頼されることで時間や労力を無駄なく使うことができ、故人を偲ぶ時間や気持ちにゆとりが持てるようになります。

 

ぜひ、今のうちに遺品整理について一度お考えになってみてはいかがでしょうか?

遺品整理の100%無料現地見積りを受付中!

  • 突然の死亡で至急部屋を引き払わなければならない
  • 大量の遺品で自分たちだけではとても整理できない
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 体力的にきつくて遺品を整理することができない
  • 仕事で忙しくて、遠方だから遺品整理する時間がない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

上記のどれか1つでも当てはまる人は、遺品整理クリーンサービスまでご連絡ください。あなたに代わって「遺品整理・特殊清掃」を解決いたします!

しかし、その金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確なお見積りの総額を知ることができます。

otoiawase