tenkaihenoyuudou
少子高齢化に伴い増加しているサービスの一つに、ご遺族に代わり故人が生前に使用していた物品を要るものと要らないものに分け、処分したり清掃をご遺族に代わり代行する遺品整理と呼ばれるサービスがあります。

 

それは、通常の「片付け」とは違い遺品整理の場合には故人が使用していたものへの思い入れもあり「供養」が必要になる物品も含まれています。

 

そこで代行する業者には必要な経験と遺族への意向を汲み取れる作業が求められます。

特に供養するべきものと処分するべきものなどを確実に選別する必要がありますので遺品整理業にはそのスキルが非常に高いものでなくてはなりません。

 

なぜならば、そこにはそれぞれのご遺族の思いが関係しております、故人に対する敬意と礼儀をきちんとしなければ失礼にあたるからです。

「まだまだ先のこと」と思っていませんか。

「それは」突然にやってくるかもしれません。

地域災害、異常気象による洪水などの自然災害、まさかの花火大会での爆発事故、精神的苦痛による自殺など最近では思いもよらないニュースをめにする事が増えたように感じませんか?

 

被害にあわれた方々も、そのときまでは自分に関係ないと感じられていたことでしょう。誰しもいつ「そのとき」に直面するかもしれません。その場合遺品整理費用という急な出費で困るのは残されたご遺族なのです。

この機会に「遺品整理」についてお考えください。

お元気な方に突然「死」が訪れるということは想像しにくいでしょう。しかし、「まだまだ先のことだから大丈夫」と思っていても年老いてからでは遺品整理の費用を用意するのは大変です。また、いざ病気になってからではご家族で遺品整理を行うのは高齢であれば重労働な上、困難なこととなります。

 

「自分の葬儀は自分で準備する時代へ」

親の面倒をみる余裕は子供にはない?
数十年前の日本では「親の面倒を子供が見るのが当たり前」という認識がありました。

長男が中心となり、他の子供たちも協力しながら年老いた両親を支える。そんな枠組みがそれなりに機能していました。

しかし、少子化・晩婚化・不景気などを考えると、こうしたことは既に期待しにくくなっています。

遺品整理とは?

一般的には亡くなった故人の遺品(生活道具)を形見や不要な物へ整理することを遺品整理といいます。

しかし、どうやって遺品を整理するのかは実際にお部屋に行き、本当に必要なものかどうかを判断しなくてはなりません。

たた粗末にすべてゴミにしてしまうのは遺品整理とは言わず遺品処分となるでしょう。

もちろん、遺品整理をした後に処分しなくてはお部屋を片付けることはできませんのでその際には地域のゴミの出し方のルールに沿った出し方をしなくてはなりません。

親族で遺品整理を行うことは、故人と別々に住んでいることの多い現代でなかなかスムーズに行うことが困難になっているケースがほとんどです。

いったい何を残すか、残さないかは親族が1人の場合は気持ちの整理がつくまでに相当な期間が必要になります。

なぜならば、多数の兄弟や姉妹がいる場合ですと、捨てようか捨てないか悩んでいても別の兄弟は捨てようと気持ちの整理が住んでいる場合があり、1人で悩んでいるとあっという間に月日が過ぎていってしまいますよね?

 

 

 

 

ぜひ、今のうちに遺品整理について一度お考えになってみてはいかがでしょうか?

遺品整理の100%無料現地見積りを受付中!

  • 突然の死亡で至急部屋を引き払わなければならない
  • 大量の遺品で自分たちだけではとても整理できない
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 体力的にきつくて遺品を整理することができない
  • 仕事で忙しくて、遠方だから遺品整理する時間がない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

上記のどれか1つでも当てはまる人は、遺品整理クリーンサービスまでご連絡ください。あなたに代わって「遺品整理・特殊清掃」を解決いたします!

しかし、その金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確なお見積りの総額を知ることができます。

otoiawase