こんにちは、遺品整理スタッフの田中 智之です。

今回は、埼玉県の遺品整理の見積りにお伺いした時のお話になります。

 

みなさんは、形見分けをどのように使っていますか?

なんの為に形見分けをしたのでしょうか?

katami

目次

  1. 形見分けとは
  2. 形見分けはいつまでに
  3. 形見分けで気を付けること
  4. 形見分け実際のトラブル事例

 

形見分けとは、

故人が愛用していたもので、渡した相手が喜ぶようなまだ使えるものを生前お世話になった人などに贈るのが一般的です。
亡くなったひとの大切な物を、思い出を共有するために分け合うというものですが、昔は目上の人に対しては失礼にあたるとされていました。
現在では、社会的地位や年齢に関係なく、親しい人であれば誰でも形見を受け取れるというようになっています。


 

形見分けはいつまでに、

本来は死者の魂が残されたものに宿るという考えから、衣類だけを近親者に贈る習慣だったようです。今では、故人の思い出として記念になる品物なら特にこだわらずに贈るようです。場合によっては、故人の趣味や好きだった品などを買って渡すようなケースも出ているようです。
ちなみに、形見分けの時期がその宗派によって違うのはご存知でしょうか。それぞれ以下のようになっています。
仏式=四十九日の後に
神式=五十日祭のころに
キリスト教=とくに形見分けの習慣はなし

形見分けで気を付けること、

1.贈与税がかかるか

遺品には様々なものがあり、贈与税がかかるものもあります。贈与税は一年間にもらったものの総額が110万円を超える場合にかかってくる税金です。
高価なものを形見分けする場合、かえって送る相手に迷惑がかかってしまうことがあるので、高価なものを送る際は十分気をつけます。

2.遺産分割を完了しておく
相続人が複数いる場合は故人の形見は遺産の一部として相続されます。
相続人全員の共有物となるので、遺産分割が終わっていない状態で形見分けをするとのちに相続人の間でトラブルになってしまうのです。
必ず、遺産分割を終えてから形見分けをするようにしましょう。

3.形見はどのようなものか

贈るものとしては傷んでいるもの、汚れているものはやめ、形見分けする衣類などはクリーニングに出しておくのがマナーです。小物なども綺麗に拭いておくようにします。

4.何のために贈るのか

遺品は故人を思い出してもらうために渡すものですから、どういったものがよいかは相手との付き合い方や年齢、好みなどを考えながら渡していく形になります。


形見分けのトラブルと事例、
故人とのつながりが分からない人からの請求
故人との人間関係を把握するのは、とても難しいでしょう。相手の方から故人を親しかったと名乗り出られると、すんなりと信じてしまうケースがほとんどです。しかし、このような故人との関係性が曖昧な人に換金性の高い品を要求されるトラブルがあるので注意してください。
本当に故人と深い交流のあった人なら構わないのですが、そこまで見分けるのは困難です。このようなトラブルを避けるためには、故人との関係が不明瞭な場合には形見分けを行わないと決めておいたほうがよいでしょう。

 

故人の持ち物を、現金・貴重品・仏壇や布団など供養が必要な品・廃棄物・リサイクル品などに分類し遺族に渡したり処分したりする。廃棄物処理業者や「便利屋」が手がけるケースが多い。

遺品整理専門業者と違い、特に廃棄物業者や便利屋は形見を遺族に渡さないで持ち帰ってしまう事がありそれらをオークションなどに転売してしまうケースもあります。

厚生労働省のまとめでは、独居の65歳以上は12年は487万人で、02年の1・4倍になっており貴金属買取業者などの訪問にも注意が必要となっている。

貴金属の訪問買取トラブル

 「突然自宅を訪れた知らない業者に、十分な説明もなく宝石、指輪、金貨等の貴金属を安値で買い取られた」という相談が寄せられています。

 いったん貴金属を引き渡してしまったら、取り戻すことは簡単ではありません。「今が一番高値です」「早くしないと大損ですよ」などのセールストークで勧誘され、その場で判断を迫られたような場合は、特に注意が必要です。

国民生活センター事例http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/houmon_kaitori.html

ちょっとした有名な言葉

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」

があります。

貴金属や高価なものは、生前にどうするべきかをはっきりしておいた方がトラブルが避けられる可能性があるのではないでしょうか。

きちんと相続のことは親が決めなければいけません。
生前のうちにきちんと親子が話し合うことが大切だと思います。

私たち遺品整理専門業から見る形見分けは、形見分けをしてもらう側がきちんと使うものをいただき使わないものはまた収納に眠ってしまう事になるかもしれないので処分または飾って置けるものの方がいつ見ても故人を思い出し受け継がれていくのではないでしょうか。

tel