q伯父が亡くなり、遺品の片づけをしなければならないのですが、連帯保証人である伯父の元妻が遺品の整理・片づけを行う義務はありますでしょうか。また、その際の業者に頼んでやる場合のお金は保証人が払う義務が
ありますでしょうか。

このような出来事が起きるときがあると思いますが現在「保証人」と「連帯保証人」の役割とは異なっているのがトラブルに発展してしまったりするかもしれません。

不動産契約(家や宅地を買ったり、アパートを借りたりする時)やお金を借りる時には「連帯保証人」を、就職をする際などは「身元保証人」を立てることを要求するケースが大半である。

『保証人』の場合・・・借主が支払いをしてくれない場合に、保証人に請求がいっても「借主本人に請求してくれ」ということができます。(抗弁権といいます)
『連帯保証人』の場合・・・抗弁権がありません。

連帯保証人は、借主と同等の義務を負うので、連帯保証人に請求があった場合は文句も言えずに、すぐに支払わなければいけないのです。

アンサー保証人と連帯保証人の違いについては連帯保証人のほうが故人に対しては近い存在に当たる場合がありますので遺産については遺言などの確認をしたほうがトラブルが少ないと思いますが、連帯保証人は遺品整理・賃貸の現状復帰他のすべてを本人にかわり支払う義務があると思います。

保証人については、本人の何かを保証しますよ。というくらいのことなので上記の出来事の場合は義務というよりよく話し合う必要があるのではないでしょうか。

遺品整理を委託する

blogtop

話し合いが長引いてしまって遺品整理に手をつけられない状態でもそのお部屋を借りている以上は家賃が月々発生してしまいます。どちらが支払いを済ませて遺品整理を行っておかないと家賃代だけを支払う形となりますので早めの決断をしましょう。

当社の遺品整理では指示だけ頂ければあとはすべて遺品整理業務を代行いたしますので手続きなどに時間を使ったほうが有効的です。

作業はどのようなことができる

s-kouka

遺品整理の作業については次のようなことがセットになっておりますのでご安心ください。

  • 遺品整理の作業
  • 貴重品の分別や書類・通帳などの選別
  • 作業後の簡易清掃
  • 遺品の合同供養

上記のことがセットになっていますので他よりもサービスの質が違うのがお分かりいただけると思います。

遺品整理の依頼はどのように

遺品整理の依頼については

  • お電話またはメールにてご予約
  • お見積りにお伺いして作業日の決定
  • 遺品整理の作業
  • 作業後に簡易清掃
  • 作業後にご清算

作業の流れ

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフリーダイヤルまたはメールにてご予約ください。

専門のスタッフがお見積りにお伺いして最適なプランを提示させていただきます。

tel

お問い合わせ