感染症対策に、遺品整理をご契約の方に作業前後の室内に除菌液の散布をサービスしています。

栃木の遺品整理でお困りですか?専門業者が解決します。

栃木県の遺品整理

https://www.shobunya.com

遺品整理専門家:山本 純一

栃木県は一言で言えば歴史が詰まった県ですね、ついこないだの山火事のあった足利市や徳川家康で有名な日光市、餃子の消費量と紅茶で有名な宇都宮市、ラーメンと厄除けで有名な佐野市と最近ちょくちょくと遺品整理に行っている栃木県です。当社のお線香も足利市にある業者さんで作ってもらっていてとても歴史深い街並みが広がっています。一軒が大きくて遺品の量も大量になることがありますが、栃木県内全域に遺品整理を対応しておりますのでお悩みの際にはご相談ください。

専門家に相談して解決!こんなお悩みありませんか?

  • 婚礼ダンス、食器棚などの大型家具の処分に困っている・・・
  • ベランダのプランター、植木鉢、使わない食器がたくさんあって・・・
  • ホコリがかかっている本(辞典や料理本など)・・・
  • 使えない電化製品(ブラウン管テレビ、レコードプレーヤー、扇風機)・・・
  • ピアノ、金属類、消化器、オイルヒーターなど・・・
  • 手紙、アルバム、写真など・・・
  • 検索するといっぱい業者が出てきてどこにすれば良いかわからない・・・

おまかせください!解決します。

遺品整理人とは、もう誰も使わなくなった亡くなった人の持ち物。それを遺族に変わり整理・処理などを代行する人、または業者。遺族の悲しみと故人への弔いを感じながらその人の人生を振り返ったり最後の片付けをお手伝いしたり思い出のものなどを探したり、それぞれの案件で事情が違えど故人が最後まで生きてきた遺品を供養を兼ねて気持ちや住んでいた場所に最後の片を付けること。

この記事の信用性

遺品整理人ライセンス

遺品整理人組合:第00085:遺品整理人:山本純一

遺品整理人(イヒンセイリニン)は弊社、遺品整理クリーンサービス(株式会社トゥードゥーカンパニー)の商標登録です。登録番号:第5967866号

年間700件以上の遺品整理とお部屋で亡くなった孤独死の特殊清掃を施工しており業界では創業から20年を超える老舗の業者として活躍しています。

なお、現場の見地と厚生労働省などの情報をわかりやすくお伝えできればと思っています。

こんな方におすすめ

  • 栃木県内で遺品整理業者をお探しのご依頼者さまや管理会社、大家様
  • 突然のことでどうしたらいいかわからない方
  • 都内ですぐに対応してくれる業者を探している
  • しっかり仕事を遂行してくれるところを探している
  • 遺品整理と清掃を一緒にやってくれるところを探している

遺品整理の作業をご紹介します。

cast-work

細かいものや大型のものがあっても大丈夫です。細かいものはひとつずつ確認して判断に迷うものはご遺族に確認するために別にしてお渡しします。

ご自分たちで細かいものを遺品整理して大きいものなどを依頼したい時もお任せください。

遠方から来ていて時間がない場合は早めにお電話いただければスケジュールを調整して早急にお伺いできることもございますのでまずは、お電話にてご相談ください。

お見積もりは無料でお伺いしています。

作業に従事しているスタッフがお伺いしますのでなんでも質問をいただいてもすぐにお答えできますのでスムーズな打ち合わせが可能です。

電話に出るのもスタッフが極力電話に出る体制をとっておりコールセンターなどのアウトソーシングは使っていないためお見積もりのご予約がスムーズになっています。

そして、現場もお見積もりにお伺いしたスタッフが最後まで常駐してますのでご安心ください。

遺品整理スタッフ

全体清掃

遺品整理の後は全体的な清掃をします。

お部屋を明け渡すためのに、

・掃き掃除

・水回りの最低限

・全体的な清掃

のいずれかの清掃をおこなってお部屋を開け渡せるようにいたしますが清掃が必要のない場合でも大丈夫ですのでご相談ください。

遺品整理の一連の流れ


  • 遺品整理をどうしたら?

    お電話:0120−973−548もしくはメールにてお問い合わせください。


  • 電話でお聞きする内容

    • 整理場所のご住所
    • ご依頼社様のお見積もり時につながる電話番号
    • ご依頼社様のお名前
    • 依頼したい案件

  • お見積もりお伺い時

    • いらないものといるものの聴取
    • ご希望の日時や方法
    • 費用と納期のご提示

  • 作業施工時

    • いらないものといるものの選別
    • 貴重品や書類の分類
    • 全体的なフルハウスクリーニング

  • 作業終了時

    • 除菌・抗菌処理
    • 貴重品や書類の分類を確認
    • 現金またはクレジットカードでご精算

  • 後で届くもの

    • 写真や思い出のものの供養証明
    • 形見を配送した時の遺品

ココがおすすめ

遺品整理時に再利用可能な遺品は後日に弊社で寄付先または再利用先へと配送いたします。その際の報告はホームページで公表しています。

※契約後にご依頼者さまができること


  • step.1

    整理場所の契約を済ませれば他の用事ができる

    • 電気・ガス・水道の停止の手配
    • 近隣や故人の友人へ挨拶
    • 作業を任せて買い物に出れる
    • 故人の死亡後の手続き
    • 火葬への出席

  • step.2

    大家さんや管理会社に予定を報告

    • 管理会社へ明け渡しの連絡
    • 作業日時の報告
    • 管理人や大家さんに挨拶
    • 納期まで家で待っていられる

  • step.3

    各種立会い

    • 電気・ガス・水道の停止立会い
    • ケーブルTVなどの解約立会い
  • step.3

    作業が終わったら

    • 賃貸物件の明け渡し(即時可能)
    • 会社の貸与品の返却

他にも利点はあると思いますが、遠方から整理場所に来ていて時間がないときは遺品整理を任せて火葬へ行くことも可能です。

保管しているもの

クリーンサービスが選ばれる3つの理由

終始1担当者制
すべて1社完結できます
費用対満足効果を実現

理由1 圧倒的な作業品質

作業品質

クリーンサービスでは、お見積り時から作業終了時まで終始1担当者制のシステムとなっております。(1責任者、他作業スタッフ)そのため、お見積り時にお打合せした内容と相違がないため、終了時までスムーズに遺品整理が可能となっております。ご依頼者様のご要望は作業開始前にすべてのスタッフと情報共有を行っており、1人1人が責任をもって対応させていただいております。

また、栃木に数ある遺品整理業者の中でも「特許庁に商標登録」されている業者はありません。作業品質と安心を兼ね備えた遺品整理をご提供しているからこそのサービスとなっています。

理由2 遺品整理に関わるすべてを1社完結

東京1社完結

栃木の遺品整理では、故人様とご依頼者様にさまざまなご事情がございます。すべて同じではない家族模様ですので個人差が出てきてしまいます。

そこで、クリーンサービスでは遺品整理をご依頼された際に伴うお悩みを解決できるように多種多様なサービスをご用意しています。

遺品整理に関わることはクリーンサービスがすべて解決いたしますのでご用命ください。例えば何が関わってくるのか一例をご説明します。

理由3 費用対満足の追求

費用対満足

一生に何度も依頼することのない遺品整理ですから、気持ちの良いサービスを提供できるように努めています。

他社では遺品整理後のハウスクリーニングがかんたんな清掃で終了している実情もございますがクリーンサービスでは、最後までしっかりきれいにしてからお部屋の返却をしています。

栃木の遺品整理では、多種多様な事案に対応しなければなりませんので、遺品整理の他に買取サービスやお見積り以外の追加料金のない的確なお見積りが必要となってまいります。

それを、兼ね備えている遺品整理業者はクリーンサービスの他にお聞きしたことがございません。ですので費用対満足のいくサービスが提供できています。

遺品整理に関わる一例の説明

  • 遺品整理の他に「通帳」や「権利書」などを見つけてほしい
  • 自転車を乗っていたので防犯登録の解除をお願いしたい
  • たたみが痛んでいるので張り替えをお願いしたい
  • トイレの掃除を遺品整理と一緒にやってほしい
  • 故人の車やバイクの処分をお願いしたい
  • 部屋を返却するために遺品整理と同時に全体清掃をしてほしい

一般的な遺品整理業者ですと、サービスの部分が当社と違ってまいります。そこには経験の違いが出てまいりますが、東京で選ばれているからこその品質も備わっているからでもあります。

栃木の業者選定で注意するポイント

遺品整理クリーンサービス東京では、一度お見積りした金額から追加で料金が上がるようなことは一切ございません。そのため、東京都以外にお住いのご親族様からのご依頼による遺品整理作業に立ち会えない場合でも安心してお任せいただける遺品整理業者です。

※しかし、東京では遺品整理業者を謳った業者が多数混在しているのも現実的にございますのでここでは、専門と兼業の違いについてご説明いたします。

ホームページを見て専門ではない業者がわかるポイント

昨年、東京の目黒区で不用品回収業者が不法投棄で逮捕されました。その業者は遺品整理で100万円などを請求していたとして2億円の売り上げを稼いでいたそうです。ホームページには下記のような文字があり都内ではたくさんのご遺族が騙されてしまったようです。

「協会認定」文字がある場合民間資格で安心感を出しているが素人が多い
「1円でも安く」文字がある場合基本的に見積もりができない。安くして契約し、オプションが後から発生する
「不用品回収」文字がある場合整理も清掃も低品質
「パック料金」文字がある場合そもそも論になりますが、処分料金はパック料金は存在しない。
「一括見積」文字がある場合下請けに丸投げ、マージンが発生するため高い

ココがダメ

遺品整理業者は近年急激に不用品回収業者の参入により増えましたが、それと同時に民間資格を売りにする業者が乱入しています。それらは有資格者がいても安心の指針にはなりませんのでくれぐれも業者の選定にはご注意ください。なお、輸出を売りにして料金を安くできるという業者がありますがそれも海外不法投棄につながるので利用しないようにしましょう。

iraishinai

民間資格

栃木の遺品整理専門のサービス一覧はこう違う

クリーンサービスでは、ご依頼者様にきちんとした業者を選んでいただくために当社の基本サービスに含まれるサービスをご説明いたします。

クリーンサービスでは、ご依頼者様にきちんとした業者を選んでいただくために当社の基本サービスに含まれるサービスをご説明いたします。

  • 東京直営スタッフ
  • 遺品の買取
  • 大型家具搬出
  • 貴重品・処分分別作業
  • エアコン洗浄
  • 全体ハウスクリーニング清掃
  • 形見配送
  • 各種取り外し
  • 遺品の供養
  • 処分品手配
  • ベランダ清掃
  • 建物養生

クリーンサービスの遺品整理料金は安心価格です。

クリーンサービスでは、遺品整理におけるサービスの基本となる総額料金の他に、オプション料金はございません。オプションは追加料金を目的としておりますので信頼が損なわれる恐れがございます。

部屋別料金遺品整理料金目安

遺品整理料金の事例

事例1


事例2


事例3


事例4

こんな時だからこそ

shaken

感染症が流行っておりみなさんが不安な日常を過ごしていると思います。そこで、当社では孤独死の清掃現場でも使用している除菌液を遺品整理の前と後に散布いたします。

もちろん料金は無料で施工させていただいているので安心してください。この除菌液はきちんと第三者機関で試験をしていてウイルスの滅菌に効果を発揮しています。

下記の画像がその根拠と証明になるのですが、

検査結果合格

分析結果報告:合格

どこのお部屋にも発生する大腸菌株を元に、1分後、5分後、15分後と検査いたしましたが1分もかからないうちに菌が「<10検出せず」となっています。これは完全にウイルスを滅菌している指数になっており第三者機関で分析していただいて合格となっています。

もちろん、インフルエンザやO-157などの感染症にも主流の除菌液となっておりアルコールや塩素系の除菌液を使用するよりも安全に使用できるように菌を破壊した後は水に戻る性質がございます。

これは、何年か前に大流行したインフルエンザの時にも有料老人ホームで使用しており安全に使える証明が可能となっております。

除菌した後に、少しでも継続的な効果が出るように抗菌剤も散布しておりますのでご安心ください。

ココがおすすめ

当初は、除菌液も感染症が流行り出した時に当社で地域の皆様に社会貢献のためお配りしていたものでした。しかし、使い勝手が良いことと大家さんの安心材料のために現場でも使用することとなりました。

申し込み

追伸

あなたが「何かを選ぼう」と思ったとき、どれくらい時間をかけて選びますか?

3時間? 3日間? 3週間?

もし、その選択が満足できるものであれば、できるだけ早く選択を決意したほうが、あなたの大切な時間が救われます。
しかし、私たちは選択に時間をかけてしまいます。

なぜ、時間をかけてしまうのでしょう?

その理由はカンタンです。
ご依頼者さまの背中を押してくれる確かな情報が少ないからです。

背中を押してくれる情報が少ないからこそ、

「本当にこの選択でいいのだろうか」 「この選択で後悔しないだろうか」

ということが頭をよぎってしまうのです。

では、そんなことが頭をよぎらないくらい、ご依頼者さまが求める確かな情報が十分に集まったサイトがあればいいのではないか、 私たち遺品整理クリーンサービスはそう考えました。

私たちクリーンサービスは、遺品整理業界における【情報の届け方】を本気で変えたいと思っています。

ですので、遺品整理の情報がどこよりもたくさんあって、しかも透明性のある作業画像とホームページの信頼性を重視してご依頼者さまに発信しています。

遺品整理業者でひとくくりにしてしまうとどこも一緒になってしまいます、しかし経験のない会社やご遺族に与えられたご用命にしっかり応えられる会社は数社しかございません。後悔しない選択はどこにもない情報を発信し、少しでもご遺族に貢献できる業者を選択することです。

クリーンサービスとの出会いが、ご遺族にとって確かな選択となることを願っています。

  • この記事を書いた人

アッキー

「遺品整理人®︎登録番号:第5967866号」遺品整理専門家:磐田晃 受賞:銀賞 2018 NEW YORK FESTIVAL LONELY DEATHS (孤独な死) ザ・ノンフィクション「孤独死の向こう側 ~27歳の遺品整理人~」視聴率歴代7位| 情報の正確性:厚生労働省や総務省のデータ、創業から22年での実際の現場での知見をもとに記事を発信しています。| サイトの目的:これらの情報が人との絆、人の死への尊厳につながっていければと思っています。

2018年10月4日