遺品整理・生前整理のご相談は遺品整理専門のクリーンサービス

「孤独死」の記事一覧

ジャニオタ部屋

20代独身女性アイドルオタクの孤独死「熱中症で死にたいですか、エアコンつけますか」

連日、猛暑となっている日本列島でことしもこの時期を迎えた。 この時期になると必ず増えてくるのが熱中症による孤独死だ。熱中症で孤独死という最後を迎えてしまう年齢は業者サイドでは高齢者6割と若年層4割が依頼割合になる。 梅雨 […]
トイレのフィギア

オタクの孤独死が増加!フィギュアとアニメに囲まれて、死臭漂う部屋の中に3人のなぞの友人

【全体の概要】 誰もが日々仕事をして生活を成り立たせている現代で、ひとりお部屋で亡くなっている自宅死は高齢者だけではない。これから増えていくだろうと、わたしたちが懸念している死に方が「オタクの孤独死」 故人が住んでいた部 […]
時が止まった部屋

孤独死のミニチュア講演会について

孤独死のミニチュアでそれに至ってしまう原因と予防策を著書「時が止まった部屋」著者:小島美羽が実際の現場ではなく頭脳で描いた現場を再現し、講演会を募集しています。 なぜ、伝えようと思ったのか?きっかけとは 講演依頼に関する […]

【ふとんのシミと食べかけの夕飯】孤独死のあった部屋から見る教訓。ミニチュアはその人の過ごしてきた人生を物語る。

今回の経緯 最後は布団の上で亡くなってしまった故人、発見まで1ヶ月くらいの月日が流れてしまっていたそうです。生存確認は1ヶ月に1度の電話で話をしていたそうですが、男親ですぐに電話を切ろうとしていたのでどのような暮らしぶり […]
孤独死大国

孤独死大国!2030年貧困は悪化し将来的には女性も男性もひとりの死になる可能性3つのポイント

1-1.日本の貧困率は先進国で最悪レベルに達する 厚生労働省によると、日本はアメリカ、中国に次ぐ世界第3位の経済大国でありながら、7人に1人が貧困におちいり、母と子のひとり親世帯では半数以上が貧困に苦しむことになる。 日 […]
孤独死

孤独死を発見してもらうために!自分のいのちを犠牲に犬が吠え続けた7日間

孤独死のお部屋を再現したミニチュアは海外で拡散されています。世界では、「世界で一番冷たい国、日本」と呼ばれることもあり、「戦地ではないのにどうして!」「ひとに関心がないのか」「孤独死があることは信じられない」という意見も […]
トイレでの孤独死

赤く染まった便器!それが孤独死を学ばない理由であってはいけないと思う。

◆ 結論(まさか自分の身内に孤独死が起きるなんて想像もしていなかった。) 自分の身にいつ起きるかわからない孤独死という最後。 連絡を取っていた身内が、最後は孤独死という死に方で終わった。 ひとごとではない孤独死 みまもり […]
恐竜

孤独死・ゴミ屋敷のミニチュア/2018エンディング産業展で展示し予想をはるかに超えた来場者の皆さまがご来訪してくださいました。

  2018、8/22(水)~8/24(金)エンディング産業展、葬祭業者300社以上が出展する国内最大級の産業展。 遺品整理クリーンサービスも今年で第4回を迎えるエンディング産業展に4回目のお誘いをいただき、出 […]

孤高の孤独死!ひとりで静かに誰にも看取られず死んでしまった時、発見してもらうための「孤独死」のマニュアル

誰にも迷惑をかけず、静かに生きて世間の片隅で「ひっそりと死ぬ」そんな孤独死。しかし世の中ではその孤独死を遂げるには準備が必要になります。 延命治療の中止で戸惑う医療現場 呼吸を補助し命を支える人工呼吸器を外す。これはかつ […]

もしも、自分がお部屋で亡くなった家族の孤独死に直面したら、判例から見る原状回復と遺品整理の手配

誰にも看取られずに、ひとりお部屋の中で亡くなっている「孤独死」 核家族化が進む日本で今後さらなる孤独死への拡大が予想される現代で、そこに常識を逸脱して請求をしてしまう賃貸物件におけるトラブルが発生しています。 もちろん、 […]

海のそばでいったい何が…遺品整理人も涙した、若い世代に迫る孤独死。

最後は自分の好きな海のそばの家で それは、ある日突然起こった… 海が好きで病気を患い都内から移った若い人の孤独死 成人するまで順調に過ごしてきてある日をさかいに体に変化が起きた。 診断は、リンパ系の難病だった。 昔はケン […]

【要注目】遺品整理・孤独死のミニチュアに込めた想い、「その日から放置状態」だれも気付いてあげられない現状から目を背けてきた…

2017年8月23日から25日までの3日間にわたるエンディング産業展へ出展いたしました。 今回で3回目を迎えるエンディング産業展、遺品整理クリーンサービス(当社)も3回とも出展させていただき会期ごとに皆様の終活に対する興 […]