感染症対策に、遺品整理をご契約の方に作業前後の室内に除菌液の散布をサービスしています。

会社概要

遺品整理クリーンサービスのストーリー

遺品整理クリーンサービスが創業したのは2000年10月、当時はまだ「遺品整理」や「特殊清掃」などという言葉はありませんでした。
今であれ世間に認知された遺品整理や特殊清掃などといった言葉ですが、そもそもは家財整理・訳あり物件の清掃(訳あり清掃)と当時は言われていました。

そんな風に呼称されていたことを知っているのも20年前からこの業種を営んでいるからであり一般的な遺品整理業者は知っているところは多くないかもしれません。

会社を20年前から登記することもできたのですが、当時は表立って言える仕事ではなかった為創業から10年間はずっと個人事業者でやってまいりました。


亡くなった方の片付けをしているといえば、

  • 縁起悪いのが移るから近寄るな!
  • 生きてるのになんでわざわざ死んだ人の片付けをやらなきゃいけねんだ!
  • そんな仕事をして呪われてるんじゃないの?
  • 人生の罰ゲームでもやってるの?

など当時は仕事内容を言っただけでも罵声や冷たい対応をされることがありました。

そのため、名称を「遺品整理クリーンサービス」ではなく「株式会社ToDo-Company」という英語表記にして直接的に遺品整理という言葉を出さないようにしてきました。

スタッフや経営者は良かれと思って遺品整理をやっているのになんで「生きている人」にそんな言われ方をされなければならないのかなんども何度も悩みながら涙をこらえてこれまでやってまいりました。

そんな中、ただ一つ「遺族と故人の役に立とう」という思いだけで遺品整理クリーンサービスはくじけても少数精鋭でスタッフと現在までやってまいりました。

たったひとりから始まった会社は、ふたりとなり遺族のためにということだけを考えてやってきていつしか5人になって、他業者にはできないことをやろうといって12人までスタッフが増えてまいりました。


やはり、ここまでやってこれたのも途中で苦楽を共にしてきた仲間がいるからであり、冷たい言葉を浴びて辞めていったスタッフの仕事への貢献もあったからだと思っています。

月日が何十年とたって、会社に戻ってきてくれたスタッフもいれば心機一転全く違う業種で働いているスタッフもいます。
ですが、亡くなった方の遺品整理をしているスタッフは会社の宝でもあり大切な仲間でもあります。もちろん辞めていったスタッフも仲間ですので一緒に働いた期間はありがたい印象しかありません。

いまでは、現在働いている会社が休みの時に当社の仕事に参加してくれてご遺族のために遺品整理や特殊清掃を一緒にやってくれています。

女性スタッフの活躍

展示会当社ブースにて

初期のころは男性がメインの体制でしたが何年か過ぎ女性が活躍するようになってきました。男性のスタッフと女性スタッフが一緒に作業することにより遺品を取り扱う正確性が向上いたしました。

特に葬祭業の展示会においてはいままで受けいられることのなかった「人の死後の仕事」として参加を求められ第1回目から展示会に参加させていただきました。

そこでは、孤独死で亡くなった人が生前にどのように暮らし、どのような最期を迎えてしまったのかを写真やミニチュアで表現し多くの方の賛否のご意見をうかがうことができました。

遺品整理業としてはいままでなかった取り組みだったのですが、人の死を伝えていくことは決して無駄なことではなく先人が現代まで生きてきた知恵を後世につたえていくことが亡くなった故人への最大限の尊厳ではないかと感じスタッフ全員で考え展示させていただきました。

遺品整理インタビュー
メディア取材

私たちの取り組みは大きな反響を呼びメディアから取材の絶えない日々となりました。これまで人の死についての伝える方法というのはタブー化されていましたが誰にもみとられずに亡くなっていく命に対して認知され始めたのが阪神淡路大震災が起きた後くらいだと認識しています。

多くの人が震災で人の命の大切さを知り、あっという間の出来事で家族を亡くしほんの少しの手掛かりを見つけるように、誰にもみとられずに亡くなった故人の遺族に故人が生前暮らしていた情景を遺品からさかのぼってご遺族に伝えていく使命的な役割がわたしたちに求められることの一つであり、家族それぞれの思い出の形を見届けられるのも私たちにしかできないことだと思いました。

ひとりの女性スタッフが作成した現実の部屋ではなく頭の中で組み合わせた孤独死の部屋のミニチュアも人の死をつたえていくツールとなりいままで見ることがなかったものを形にして時代がかわったいまの情景をもとにこれからの時代に何が必要なのかを考えるきっかけとなりました。

まだまだ認知度は低い

「縁起が悪い」と言われる仕事ですが同士がいたから今がありますし、当社に共感し提携してくださっている会社様にも仕事の質には厳しいことを要求しますが感謝しています。今でさえ、遺品整理業と表立って言える世の中にはなりましたが振り返ってみるといろいろなことが何十年とあったような気がします。

もちろん、悪い言葉を浴びるだけではなくて「褒めていただく言葉」もたくさんいただいてきました。その都度、スタッフはやりがいを感じまた新しい依頼に応える活力になっています。スタッフも一人の人間ですから言葉で滅入ってしまうことも多々あります。

ですが、当社の代表の一からやってきた努力とこころの持ち方などを聞きながら頑張っています。若い世代もこれから入ってきて遺品整理人としてご依頼者様の前に参上することがあると思いますがこれからも変わらぬご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

企業情報

会社概要 称号株式会社 ToDo-Company(トゥードゥーカンパニー)
サイト名称遺品整理クリーンサービス(屋号)
代表取締役増田 祐次
リサイクルセンター東京都板橋区高島平6-2-5
本店営業所東京都板橋区志村2-27-22
(お客様お申し込みの専用電話です)TEL 0120-973-548
代表電話03-6279-8987
FAX03-6279-8988
資本金3,000,000円
事業内容ハウスクリーニング業|収集運搬業|遺品整理業|リサイクル業|ファニチャーサービス
東京都収集運搬許可産業廃棄物収集運搬業(第13-00-152214)
神奈川県収集運搬許可産業廃棄物収集運搬業(第14-00-152214)
千葉県収集運搬許可産業廃棄物収集運搬業(第12-00-152214)
埼玉県収集運搬許可産業廃棄物収集運搬業(第11-00-152214)
一般廃棄物許可業者連携地域の一般廃棄物業者と連携しています
東京都公安委員会  
古物商許可
第305591009319号  
第305562115062号
財団法人家電製品協会家電リサイクル券 取り扱い店 27616
商標登録遺品整理人®  登録 第5967866号
商標登録遺品の棺桶®  登録 第5942739号
商標とは特許庁 https://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/chizai08.htm
著書(時が止まった部屋)ISBN-10 : 4562056800
ISBN-13 : 978-4562056804
NEW YORK FESTIVAL2018銀賞受賞UNDERCOVER ASIA: LONELY DEATHS (孤独な死)
公式Twitterアカウント@i_CleanService
公式Facebookページhttps://www.facebook.com/ihintcs

追伸

あなたが「何かを選ぼう」と思ったとき、どれくらい時間をかけて選びますか?

3時間? 3日間? 3週間?

もし、その選択が満足できるものであれば、できるだけ早く選択を決意したほうが、あなたの大切な時間が救われます。

しかし、私たちは選択に時間をかけてしまいます。

なぜ、時間をかけてしまうのでしょう?

その理由はカンタンです。 ご依頼者さまの背中を押してくれる確かな情報が少ないからです。

背中を押してくれる情報が少ないからこそ、 「本当にこの選択でいいのだろうか」 「この選択で後悔しないだろうか」 ということが頭をよぎってしまうのです。

では、そんなことが頭をよぎらないくらい、ご依頼者さまが求める確かな情報が十分に集まったサイトがあればいいのではないか、 私たち遺品整理クリーンサービスはそう考えました。

私たちクリーンサービスは、遺品整理業界における【情報の届け方】を本気で変えたいと思っています。

ですので、遺品整理の情報がどこよりもたくさんあって、しかも透明性のある作業画像とホームページの信頼性を重視してご依頼者さまに発信しています。

遺品整理業者でひとくくりにしてしまうとどこも一緒になってしまいます、しかし経験のない会社やご遺族に与えられたご用命にしっかり応えられる会社は数社しかございません。後悔しない選択はどこにもない情報を発信し、少しでもご遺族に貢献できる業者を選択することです。

クリーンサービスとの出会いが、ご遺族にとって確かな選択となることを願っています。

2013年8月6日