感染症対策に、遺品整理をご契約の方に作業前後の室内に除菌液の散布をサービスしています。

お客様の声と作業Blog

群馬県太田市の遺品整理と故人と孫の思い出

2018年1月14日

[wide]

「最後はガンでした」
いつも、孫の顔が見たくて待っていてくれていました。

[/wide]
[wide]孫を望む祖父母世代は65%で過半数よりも上回っています。
その中でも男親の方が孫を望む割合が高く、かわいがりたいという結果が出ています。その理由は・・・

  • 仕事が忙しく育児に参加できなかったぶん、孫はかわいがりたい

上記がダントツの理由で男親が孫を楽しみにしている。
[/wide]

祖父母から見た孫の意味とは

祖父母から見る孫の意味は大きく分けて3つあるとされています。

  1. 自己評価の再獲得
  2. 子育て体験の再吟味
  3. 世代継承性の自覚

1-1 孫に慕われることで自分の価値を感じられてうれしいと思う

一般的に孫を持つようになるのは定年退職前後くらいの年代ですね。長らく社会で担っていた役割を失い、急に自身の存在価値を見失ったり自己評価や自尊心を低下させてしまったりという高齢者は多いと言われています。

そうした時期に孫に慕われると「自分にもまだまだできることがある」と感じられ生きるエネルギーや自尊心を取り戻せるなんてことがあるようです。

2-1 自分の命がしっかり引き継がれていると感じられ安心できる

「人生の終わり近づいたとき、自分はよい人生を送ってこられたと思える人は死を恐れない」という。

孫が育っているのを見ると「自分は役割を終えても子供や孫が自分の生命(一族)や仕事などを引き継いでいってくれる」と感じられる。よって死への抵抗感が低く死後の未来も穏やかに想像できることで精神的な安定につながることがある。

3-1 自分の人生がこれでよかったと感じられる

人は高齢になるに従い、自分の人生を振り返るようになるのが普通であり、あれやこれやと思い出しては「自分の人生はこれでよかったのだろうか」といった自問自答を繰り返すことも。

そんな時期に孫を通じて子育ての再体験をすることは「自分の子育てはそして人生はこれでよかった」と感じられる。それらがおおきなきっかけにもなるようです。

実際に生活の中で祖父母の存在は心強い!

年をとり、「いよいよ人生が残り少なくなってきた」という感覚の中で「自分が生きてきた人生を肯定したい」という思いが芽生えることもあり、また親としては「自分の子がしっかり継承できた」「自分がいなくなっても心配ない」といった満足感やあんど感を得たい気持ちもあるのかもしれない。

そう考えると、年老いた親たちが「孫がほしい」と必要に言ってくる心情も多少は理解できるし、育ててもらった苦労や恩を考えればそれくらいは受け止めようと思える人もいるのではないでしょうか。
とは言え、望めば子供を授かることができる訳でもありませんし、あまり頻繁に言われてしまうと「人の気も知らないで!」と反論したくなる場合もあると思います。
そんなとき、「親が自分の人生を振り返る時期なんだなぁ」と考えてみるかもしくは「親孝行できなくてゴメン、でもおかげで充実した人生を送れているよ」と伝えてみるのも良いのではないでしょうか。
男親は孫への期待が大きいが女親は自分の子供が心配なようです。
親の期待どおりに生きることができなかったとしても心を通わせることはきっとできると思います。
いざ、子供が生まれれば時間的、経済的にゆとりのあることの多い祖父母たちは非常に頼りになる存在でもあるため、豊富な知恵や人生の経験を伝えてくれ子育ての面でも助けになるのではないでしょうか。

群馬県太田市

太田市(おおたし)は、関東地方の北部、群馬県南東部(東毛)にある人口約22万人の市(群馬県内での人口は高崎市、前橋市に続き3番目に多い)。特例市に指定されている。

孫思いで部屋には孫と一緒に遊ぶおもちゃがたくさんあった。

赤城山からの冷たい北風が吹く太田市で一つの命が終わりを告げました。

[char no=6 char="佐々木 修"]部屋にあったのは故人が使っていたイスと子供が使うイス、孫といつも楽しそうにしていた部屋にスタッフはこころを打たれた。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]病院に入院して1週間もしないうちに亡くなりました。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]壁紙には孫が書いたであろう落書きがあり、孫中心で過ごしていたのだろうと思われる。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]私たちでできる範囲はまとめておきました。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]浴室にはまとめた遺品でいっぱいになっていました。精いっぱい頑張ってまとめたんだろうなぁ・・・と思いつつ作業にとり掛かる。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]今回当社にご依頼くださったのはなぜですか?[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]いろいろな会社を見たけれどいちばん内容がよかったから。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]部屋に置いてあったプーさんのぬいぐるみが主人を亡くし寂しそうにほほ笑んでいた。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]いつも、孫を連れて泊まりに来ていたが孫の面倒を見てくれて本当に頼りになる父親でした。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]布団も娘用と孫用で用意してくれていたんですね。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]母は先立ってしまったので父親が面倒を見てくれていたんです。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]部屋は子供と遊んでいたであろう当時のまま病院に運ばれていった様子がうかがえる光景だった。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]部屋の中にある遺品を処理した後、ハウスクリーニングをしていましたが、壁や床に書かれたお孫さんの落書きを消していくたび切なさが沸いてきました。[/char]


[char no=9 char="お客様女性"]モノを処分するだけなら業者に変わりはありませんよね、でも、ここはきちんと清掃までやってくれることが他とはちがったのです。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]私たちの仕事は遺品を処理することだけではありません。ハウスクリーニングのプロの清掃ですべてをキレイにしていきます。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]せっかくご依頼いただいたのですから精いっぱいのサービスはさせていただく所存で取り組んでいますよ。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]そうよね、いろいろな業者を見ていると掃除は違う業者が来たり、かんたんな掃き掃除で終わったりしていますもんね。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]そうですね、遺品を動かすだけであればどんな業者でもできると思います。ですがハウスクリーニングができるかどうかは一般的な業者では難しいでしょうね。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]そのお部屋が賃貸物件であれば、お客様が納得するだけではなく不動産業者・オーナーが納得する清掃が必要になってきますから。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]あるあるな話ですが、協会に入っているから信頼が置けるという神話はないんです。「選別は誰でもできます、不動産業者が納得できるハウスクリーニングができますか?」ということです。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]私たちが物件をお預かりし、明渡しができるように清掃するのには「お客様は何もしなくても良いんです」という気持ちを込めたお手伝いが常にあるからなんです。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]私たちは商標登録を売りにして協会員を募ったりはしません、常にオリジナルなブランドで「遺品整理人」という商標登録を所持しています。[/char]

[char no=9 char="お客様女性"]そうなの、「なんとか整理し」みたい民間資格を持っているからなんなのかしら?と気になっていたところで・・・。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]商標登録ビジネスというものですね、商標登録を所持しているとライセンスがなければ使用できないのでそのライセンス料を払ってそのブランドを使用するということでしょう。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]むしろ、そのようなものに引っ掛からなくてもきちんと仕事をしていれば信頼のある業者になっていくと思いますけれどね。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]私たちはしっかりやってくれる業者を選べればそれでいいのよ。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]正解です。当社を選んでくださったのも縁なのかもしれません。世の中にはきな臭いものが多数存在しますが選択はきちんとしてほしいですよね。[/char]
[char no=9 char="お客様女性"]でも、ここまでキレイにしてくれて本当に助かったわ。[/char]

[char no=6 char="佐々木 修"]最後に床の落書きを消しておわりです。[/char]
[char no=6 char="佐々木 修"]ありがとうございます。そして、ご愁傷様でございます。[/char]

遺品整理が終わった最後に孫が

「じぃじぃ、ありがとう。」

油性インクの汚れはみかんの皮をこすりつければ落ちますよ(掃除に役立つ技)


[char no=6 char="佐々木 修"]果皮の表面に見えるブツブツとした凹凸にはリモネンという天然油が含まれていて、水では落ちない汚れを溶かしてくれるんです。

クレヨンの落書き落としにもカンキツ類の果皮が活躍します。
あらかじめ目立たない場所で色落ちしたり傷がつかないか試してから使用してみてください。では。

[/char]

遺品整理のお悩みや解決の方法などお待ちしています。

[cc id=5843 title="遺品整理共有バナー"]

あなたが「何かを選ぼう」と思ったとき、どれくらい時間をかけて選びますか?

3時間? 3日間? 3週間?

もし、その選択が満足できるものであれば、できるだけ早く選択を決意したほうが、あなたの大切な時間が救われます。
しかし、私たちは選択に時間をかけてしまいます。

なぜ、時間をかけてしまうのでしょう?

その理由はカンタンです。
ご依頼者さまの背中を押してくれる確かな情報が少ないからです。

背中を押してくれる情報が少ないからこそ、

「本当にこの選択でいいのだろうか」 「この選択で後悔しないだろうか」

ということが頭をよぎってしまうのです。

では、そんなことが頭をよぎらないくらい、ご依頼者さまが求める確かな情報が十分に集まったサイトがあればいいのではないか、 私たち遺品整理クリーンサービスはそう考えました。

私たちクリーンサービスは、遺品整理業界における【情報の届け方】を本気で変えたいと思っています。

ですので、遺品整理の情報がどこよりもたくさんあって、しかも透明性のある作業画像とホームページの信頼性を重視してご依頼者さまに発信しています。

遺品整理業者でひとくくりにしてしまうとどこも一緒になってしまいます、しかし経験のない会社やご遺族に与えられたご用命にしっかり応えられる会社は数社しかございません。後悔しない選択はどこにもない情報を発信し、少しでもご遺族に貢献できる業者を選択することです。

クリーンサービスとの出会いが、ご遺族にとって確かな選択となることを願っています。

  • この記事を書いた人

アッキー

「遺品整理人®︎登録番号:第5967866号」遺品整理専門家:磐田晃 受賞:銀賞 2018 NEW YORK FESTIVAL LONELY DEATHS (孤独な死) ザ・ノンフィクション「孤独死の向こう側 ~27歳の遺品整理人~」視聴率歴代7位| 情報の正確性:厚生労働省や総務省のデータ、創業から22年での実際の現場での知見をもとに記事を発信しています。| サイトの目的:これらの情報が人との絆、人の死への尊厳につながっていければと思っています。

-お客様の声と作業Blog
-,