感染症対策に、遺品整理をご契約の方に作業前後の室内に除菌液の散布をサービスしています。

お客様の声と作業Blog

東村山市のA様の遺品整理とハウスクリーニング

2016年4月2日

higashimurayama

親が遺してくれた家、遺品整理をしてこれからどうするかを考えていきたい。
そのままゴミとして処分するのは「偲びない」

andou01

だから、きちんとした気持ちをもった業者さんに依頼したいんだ。
そう言って選んでいただいたのは東村山市に住む安藤様。

親との思い出もあり遺品を何とかしようと思っていてもあまりの量の多さにどうすることもできずに依頼していただいた。
遺品整理の作業に入るまでは納得するまで詳細の打ち合わせをしてから作業へと移っていきました。

目次

  • 他よりも料金が安かったのに作業が充実していた
  • 偲びない気持ちを汲んでもらった
  • 遺される側にはいろいろなケースがある
  • ただ、処分だけしてもらうのは苦痛
  • 遺品整理クリーンサービスへのご要望

他よりも料金が安かったのに作業が充実していた

今回お伺いしたのは1本のご相談のお電話から始まりました。
遺品整理を考えているけれどどのくらいの相場なのか知りたいんだけど・・・

andou02

料金についてとても不安を抱えていたらしく、「初めてでわからないから」実際にどのくらいの料金でできるかを知りたいのとそれが相場なのかということでお話をさせていただきました。
そして実際にお伺いすることとなり詳細の料金を計算し作業内容を確認その後ご契約に至ったのですが、他よりも30万円クリーンサービスのほうが中身が充実していて料金が安かったそうです。

クリーンサービスでご契約いただいた今回の金額は40万円でしたが、サービス内容もいつも通りのフルサービスにて対応させていただきました。

偲びない気持ちを汲んでもらった

andou03

moudouken「ただ、処分するだけではシノビナイ」
洋服や切手・はがき・外貨などを必要な機関へと寄付することによって世界の役に立てさせていただいた事、そしてきちんとその証明も発行してくれることでクリーンサービスの取り組みがご依頼者様に伝わりました。

お見積りにお伺いした時に、処分するものと処分しない物の中でどうにかできないかを十分に検討し世界に役立たせることへのご提案にご理解をいただいたことでそのまま処分するよりも何かの役に経ったと安心をしていただきました。

遺される側にはいろいろなケースがある

遺品が多すぎるから残される側からすると、生前から処分できるものは処分するように言い聞かせてきたものの実際には処分せずに収納にため込んでしまっていた。

それでも、いざ処分するとなると全部捨ててよいものなのかを考えてしまう。
andou04

遺族側となると「なんでも捨てろと言っているわけでもなく新しくものを買う時くらいはちょっと考えてほしかった」となるようです。
確かに、費用面で考えると大量に残されてしまっては負担がかさむので生前に何とかできない物かとなるのではないでしょうか。

ですが、その年代の方々はお金や物がなくて苦労したからこそ、今たくさんの物に囲まれることが一番の幸せなのでは?
残りの人生を好きに生きて何が悪い!?ってところだと思います。

ただ、処分だけしてもらうのは苦痛

遺品整理を業者に依頼する理由として一度に大量のものを処分したいという方や丁寧に扱ってもらいたいという方などご依頼はそれぞれ異なりますが、
そこで「ただ処分するだけ」の遺品整理では気持ちがスッキリしないのではないでしょうか。

andou05

形見となる遺品は丁寧に扱うこととして、残りの処分する遺品も何かに使ってもらうことで循環型社会への貢献にもなると思います。

実際の作業の感想はいかがだったでしょうか?

andou06

予想以上に、しっかりした遺品整理を行なっていただきました。特に全体清掃が立派なものでこんないにしていただいていいのかしらと思ったほどです。

そして当日に対応いただいた担当の方もとても優しく、気配りのできる方でした。現場でも段取りがよくとてもスムーズにすすみました。丁寧な対応で遺族に対しての悲しみや、尊厳を感じさせてくれてとても好感を持てました。

遺品整理クリーンサービスへのご要望

andou07

「とても満足の一言でした。」他よりもお安い見積りだったので多少は不満の残る遺品整理になることを覚悟していたのに、そんな不安は全くの無意味でした。もちろん後から追加料金が発生することもありませんでした。

正直なところ、遺品整理を業者に頼むことは悪いことではないと思うのですが処分してしまうものや形のないものに何十万円も使うことに、いまひとつ納得がいかなかったんです。
あまり縁起の良い話でもないのですけれど、とても応対がよく料金で満足いくものだったので「私の時もこちらにお願いしたい」と子供たちに伝えたほどです。
andou08

遺品整理の流れ

omitsumori otoiawase sagyouoshiharai

遺品整理のご用命はこちら

otoiawase

あなたが「何かを選ぼう」と思ったとき、どれくらい時間をかけて選びますか?

3時間? 3日間? 3週間?

もし、その選択が満足できるものであれば、できるだけ早く選択を決意したほうが、あなたの大切な時間が救われます。
しかし、私たちは選択に時間をかけてしまいます。

なぜ、時間をかけてしまうのでしょう?

その理由はカンタンです。
ご依頼者さまの背中を押してくれる確かな情報が少ないからです。

背中を押してくれる情報が少ないからこそ、

「本当にこの選択でいいのだろうか」 「この選択で後悔しないだろうか」

ということが頭をよぎってしまうのです。

では、そんなことが頭をよぎらないくらい、ご依頼者さまが求める確かな情報が十分に集まったサイトがあればいいのではないか、 私たち遺品整理クリーンサービスはそう考えました。

私たちクリーンサービスは、遺品整理業界における【情報の届け方】を本気で変えたいと思っています。

ですので、遺品整理の情報がどこよりもたくさんあって、しかも透明性のある作業画像とホームページの信頼性を重視してご依頼者さまに発信しています。

遺品整理業者でひとくくりにしてしまうとどこも一緒になってしまいます、しかし経験のない会社やご遺族に与えられたご用命にしっかり応えられる会社は数社しかございません。後悔しない選択はどこにもない情報を発信し、少しでもご遺族に貢献できる業者を選択することです。

クリーンサービスとの出会いが、ご遺族にとって確かな選択となることを願っています。

  • この記事を書いた人

アッキー

「遺品整理人®︎登録番号:第5967866号」遺品整理専門家:磐田晃 受賞:銀賞 2018 NEW YORK FESTIVAL LONELY DEATHS (孤独な死) ザ・ノンフィクション「孤独死の向こう側 ~27歳の遺品整理人~」視聴率歴代7位| 情報の正確性:厚生労働省や総務省のデータ、創業から22年での実際の現場での知見をもとに記事を発信しています。| サイトの目的:これらの情報が人との絆、人の死への尊厳につながっていければと思っています。

-お客様の声と作業Blog
-,