感染症対策に、遺品整理をご契約の方に作業前後の室内に除菌液の散布をサービスしています。

遺品整理クリーンサービスはメディアで紹介されています。

専門家に相談して解決!こんなお悩みありませんか?

  • 遺品整理をいつからやれば良いか迷っている・・・
  • 家族が亡くなって遺品をどうしたら良いかわからない・・・
  • 遠方に住んでいるから故人が住んでいた部屋に何度もいけない・・・
  • 片付けようと出かけてはついつい思い出の遺品を眺めていて終わらない・・・
  • 検索するといっぱい業者が出てきてどこにすれば良いかわからない・・・

おまかせください!解決します。

遺品整理人とは、もう誰も使わなくなった亡くなった人の持ち物。それを遺族に変わり遺品整理・処理などを代行する人、または業者。遺族の悲しみと故人への弔いを感じながらその人の人生を振り返ったり最後の片付けをお手伝いしたり思い出のものなどを探したり、それぞれの案件で事情が違えど故人が最後まで生きてきた遺品の供養を兼ねて気持ちや住んでいた場所に最後の片を付けること。

解決できること

  • 遺品整理の依頼ができる
  • 気持ちに整理をつけることができる
  • わかりやすいサイトでたくさんの情報が得られる
  • 故人の部屋に通うことがなくなる
  • 同じ境遇の人にこのサイトを教えたくなる
  • 片付けてゆっくり故人を偲ぶことができる

◉この記事を監修している専門家

遺品整理人認定免許証

遺品整理人協同組合証 第 00085 号

この度は、お悔やみ申し上げます

はじめまして、遺品整理専門家の山本です。遺品整理クリーンサービスのサイトをご覧いただきありがとうございます。

2000年より遺品整理専門サービスを創業

遺品整理専門家:遺品整理人No.00085

関東エリア担当:山本 純一

受賞歴:2018ニューヨークフェスティバル銀賞

故人が使っていた遺品そのまま処分するには忍びない、使えるものは誰かに使ってほしい遺族からの思いなど、さまざまな思いがあると思います。しかし、そのまま部屋に置いておいても誰もつかわないままになってしまいます。形見にするもの、処分するもの、あげるものなどを分けて住んでいたお部屋を明け渡すことが故人に安心してもらう供養ではないでしょうか。 私たちは、いままで培ってきた20年の経験と上記のお悩みにあるような、さまざまなご要望を解決できる遺品整理サービスをご提供しております。


遺品整理ドキュメンタリー銀賞
遺品整理お問合せダイヤル

サービスに含まれる内容をご紹介します

遺品の分別遺品の分別と選別の様子

遺品を分別しながら貴重品の選別、故人が大切にしていたコレクション(切手シート、古銭、鉄道物、テレホンカード、ほか)隅々まで確認しながら進めてまいりますので安心できると思います。貴金属や現金はお返しいたします。

ココがおすすめ

本の間だったり、洋服のポケット、使い終わったカバンの小口などには貴重品が入っている場合がありますので遺族が探しきれない場所を探しています。

行政と連携ご依頼者様が立ち会った時の様子

遺品の処分の手配は行政と連携して個人情報漏れなく処理します。

分別はその地域のルールに沿ってやらなくてはなりません。一度に出せる量も常識の範囲内ということもあります。

ココがポイント

遺品整理でトップクラスに入ってくる面倒な分別などはコツを掴んでいるスタッフがテキパキと梱包したりその地域の行政と連絡を取って最善な方法で進めてまいります。

登記簿や権利書の捜索権利書を発見した時の様子

探しきれなかった登記簿や権利書などの捜索も分別と一緒に行います。

ココがおすすめ

遺品整理の時にはどこに何があるかは自分の家ではわからないので隅々まで見ることが必要になります。登記簿や権利書などは金庫よりもアルミの箱などにしまってあることがあります。

建物への養生建物の養生をしている様子

マンションなどから遺品を運び出す時の養生もしています。エレベーター内部と外部や建物内のぶつかりそうな場所などに使用します。

ココがポイント

荷物を運び出す際には台車などを使用するため台車のタイヤ痕がつかないように通る場所は養生をしています。作業をする前に管理人様と挨拶や打ち合わせを済ませてお互い気持ちの良い作業をしています。

全体清掃トイレ掃除の様子

お部屋を明け渡す際の遺品整理後の全体清掃をして返却します。

ココがポイント

故人が住んでいた部屋には荷物を搬出するとわたぼこりなどが出てきたり、オーナー様に最低限のマナーとして清掃をしてから返すことが望ましいのですが、プロの全体的な清掃をして二重に清掃を入れなくて済むようにオーナー様に返却するので安心です。

遺品の供養弊社の遺品の棺桶(故人の遺品を大切に保管するBOX)

写真や人形、故人が大切にしていた思い入れの遺品などは提携先の寺院で供養しています。

ココがポイント

遺品の棺桶は当社の登録商標です。故人が大切にしていたものを供養するときもこのBOXに入れて寺院へ供養してもらうために使用します。そして、靴箱サイズの省スペースなので故人の名前を記入して大切に保管しておくことが可能です。

◉遺品整理クリーンサービスが選ばれる他とは違うポイント

遺品整理の作業の安心宣言

他社にはないその1

  • すべての費用を契約前にご提示(総額のお見積り)
  • 事前見積もり:0円
  • 追加オプション:一切なし
遺品整理費用の総額をご案内

総額のお見積もりをご提案している様子

はじめに、ご相談・ご要望をお聞きし1円単位まで詳細なお見積書をその場で作成します。 その、お見積書をご覧いただきながら何が必要かどのサービスが不必要かをご説明しながら、 すべての総額のお見積書をご提示いたします。

お見積り後に、内容の変更があっても大丈夫ですので、その際には現地にいる責任者スタッフが再計算をいたしますのでご安心ください。 お見積りは無料ですのでご安心ください。そして、当社ではしつこい営業はしておりません。 なお、お見積り以外のオプション料金、追加料金は当社では一切ございません。 お急ぎの場合には、お伺いして見積もりを行い即日で作業も可能となっております。

その結果、ご遺族にはこのようなメリットがあります。

  1. 作業中に追加オプションが一切ないので安心です。
  2. 最初にお見積もりした金額から上がることはありません。
  3. 見積もり作成に1週間もかかりません、その場でお見積書を作成しご提示します。
  4. 「総額」のお見積もりなので安い契約金額から上がる不正な契約はいたしません。
  5. 無料お見積もりの目安は作業予定日から1週間前くらいにお伺いします。

ココがおすすめ

お見積もりにお伺いするスタッフは常日頃作業しているスタッフがお伺いします。そのためご依頼者さまからのご質問・ご要望に沿ったお見積もりがその場で作成可能です。

他社にはないその2

遺品整理時の伝達

作業時の伝達方法にインカムを使用している様子

  • 電話の受付から作業終了まで現場スタッフが担当
  • すべてのスタッフがインカムを使用
  • 最初から最後まで1担当責任者制

遺品整理クリーンサービスでは、長年の経験をもとに1現場1担当者制でご対応させていただいております。何故ならばお見積もりの人間と作業の人間が変わればいずれ伝達ミスなどが起こる可能性があるため、 それらの伝達ミスがないように考案した体制が1現場1担当者制となっています。 そして、クリーンサービスならではのインカムですが、スタッフがインカムで連絡し合うためご依頼者さまが1人のスタッフに話していただければそれぞれが連絡し伝達もれがありません。これは長年現場で培ってきた経験をもとに発案し採用に至りました。

その結果、ご遺族にはこのようなメリットがあります。

  1. 作業中にスタッフが大声を出したりしないので近隣のご迷惑になることはありません。
  2. 1人に言付けいただければスタッフがインカムで伝達しますので1人1人に言付けしなくても大丈夫です。
  3. 実際に毎日作業に出ているスタッフがお電話の受付をしていますのでスムーズです。
  4. お見積もりにお伺いしたスタッフが作業終了まできちんと立ち会います。

ココがおすすめ

インカムを採用することで1階と2階で作業しているスタッフがご依頼者さまの伝達事項をキャッチできるためご依頼者さまはわざわざ足を運ぶ必要性がなく、極論座ったまま指示を出していただければ伝わるほど利便性の高いものとなります。他社では大声でスタッフ同士が叫ぶため近所迷惑になるのをみて、現場で作業員が大きい声を出さなくて済むように配慮しています。

他社にはないその3

  • 作業前後のフォロー無料
  • 近隣や管理人様への挨拶代行
  • 大家さんが納得いくまで保証
遺品整理の礼儀

近隣への挨拶と作業後の礼儀の様子

ご依頼者さまから依頼された仕事「遺品整理」それをしっかり行うのは、まずは近隣への挨拶や礼儀から始まります。私たちは作業する上で必要な挨拶などを欠かしません。近所の人からすれば隣でいきなり作業して洗濯物などにホコリが飛んできて洗い直しというトラブルにも発展することもあるため 近隣への挨拶はとても重要になります。 ただし、ワケがあり近所絵の挨拶がいらない場合は挨拶なしで作業に入ります。

その結果、ご遺族にはこのようなメリットがあります。

  1. 近所と仲が良くなかったから言わないでほしい
  2. インターネット回線やモデム機器を代理で返して欲しい
  3. 会社につとめていた作業服の貸与があると思うので会社に返却して欲しい・・・
  4. パソコンの中身のデータをどのように消せばよいかわからない・・・
  5. 設備でお部屋に最初から取り付けてあったものは残して欲しい。
  6. 作業途中で検針員がきたら対応して欲しい

ココがポイント

ご依頼者さまが何も言わなくても、あいさつは代行しますので安心です。むしろ近隣の住民が変わった人ならばご依頼者さまがあいさつするよりも私たちがあいさつした方がいい時もあります。あいさつはいたしますが詳しい内容までは言いません、作業をする上での基本的なあいさつですのでご安心ください。

どこにもできない遺品整理クリーンサービスの特別な作業3つ

エアコン清掃エアコン洗浄の様子

エアコンが設備(最初から備え付け)だったとしても全体清掃の時にエアコンの内部まで洗浄して大家さんにお部屋をお返しするので、大家さんはエアコンのクリーニングを依頼する必要がないため喜ばれます。

このエアコン内部洗浄は当社のスタッフが精一杯綺麗にして返却しようと考案したもので、他では行なっていない清掃方法です。

特殊な器具を使って窓のクリーニングを行います。写真左はクリーニング後ですが、窓は付いていないようでしっかり付いています。 窓ガラスが付いていないくらいの窓ガラスクリーニングを行なってキレイにしています。

窓ガラスについたヤニ汚れ、テープの跡などを取ってガラス自体をクリーニングするので新しいガラスと変わりない感じになります。

遺品整理後の窓の清掃窓の特殊クリーニングの様子

遺品整理後のワックス床のワックスがけの様子

全体的に清掃した後は床をキレイにして、そして最終的にワックス掛けをしてご依頼者さまにお部屋の返却となります。清掃がしてあるとオーナー様への心象が違いますのでトラブルも少なく契約終了となります。

「明日から次の人が住めるくらいにキレイになってる」と大家さんは喜ばれます。

そのほかに同時に依頼できることをご紹介します。

タタミの交換劣化してしまったタタミの表替えや新しいタタミに入れ替えの手配

形見の配送形見となる遺品を別の場所へ配送する、別々の場所へ配送することも可能

車両・バイクの廃車故人が所有していた車両の廃車、バイクなどの廃車も代行します。

部屋の清め祓い住んでいた場所でなくなった場合僧侶がお部屋の清め祓いをします。

ペットの保護・譲渡生前に故人が飼っていたペットたち、そのペットを一時預かり次の飼い主へ譲渡します。

重量物・ピアノの運び出しアップライトピアノの処理や別の場所に移動、物置の解体なども大丈夫です。

遺品整理は業者によって様々

故人が生前に暮らしていた家財道具・実用品・趣味のものなどを処分するときは「すべてゴミ」というわけではありません。
他人からすれば思い入れのないものにはなりますが、ご遺族にとっては最後まで大切に扱っていただきたいと思われるのが一般的です。

ただし業者によってその扱いは変わります。私たちクリーンサービスのスタッフは皆、家族を亡くしているスタッフです。
故人の「遺品」を目にしたとき「故人の生きてきた人生模様」が浮かんできます。

遺品に関しても故人が最後まで使っていたものですからその思い出を無下に扱うことはできません。
ですから、私たちは考えました「身内と同じように」すること。
物を出したりすることは誰でもできるが、そこに心がこもっているかどうかということ。

クリーンサービスではご依頼者さまのさまざまなご要望にお応えするため、見積もりに関して立ち会えない場合も含め大家さんや管理会社と連絡を取ってお見積もりすることも可能です。

遺品整理人

遺品整理の一連の流れ


  • 遺品整理をどうしたら?

    お電話:0120−973−548もしくはメールにてお問い合わせください。


  • 電話でお聞きする内容

    • 整理場所のご住所
    • ご依頼社様のお見積もり時につながる電話番号
    • ご依頼社様のお名前
    • 依頼したい案件

  • お見積もりお伺い時

    • いらないものといるものの聴取
    • ご希望の日時や方法
    • 費用と納期のご提示

  • 作業施工時

    • いらないものといるものの選別
    • 貴重品や書類の分類
    • 全体的なフルハウスクリーニング

  • 作業終了時

    • 除菌・抗菌処理
    • 貴重品や書類の分類を確認
    • 現金またはクレジットカードでご精算

  • 後で届くもの

    • 写真や思い出のものの供養証明
    • 形見を配送した時の遺品

ココがおすすめ

遺品整理時に再利用可能な遺品は後日に弊社で寄付先または再利用先へと配送いたします。その際の報告はホームページで公表しています。

※契約後にご依頼者さまができること


  • step.1

    整理場所の契約を済ませれば他の用事ができる

    • 電気・ガス・水道の停止の手配
    • 近隣や故人の友人へ挨拶
    • 作業を任せて買い物に出れる
    • 故人の死亡後の手続き
    • 火葬への出席

  • step.2

    大家さんや管理会社に予定を報告

    • 管理会社へ明け渡しの連絡
    • 作業日時の報告
    • 管理人や大家さんに挨拶
    • 納期まで家で待っていられる

  • step.3

    各種立会い

    • 電気・ガス・水道の停止立会い
    • ケーブルTVなどの解約立会い
  • step.3

    作業が終わったら

    • 賃貸物件の明け渡し(即時可能)
    • 会社の貸与品の返却

他にも利点はあると思いますが、遠方から整理場所に来ていて時間がないときは遺品整理を任せて火葬へ行くことも可能です。

遺品整理の時に保管しているもの

遺品整理の料金について

遺品整理の料金について(遺品の量には個人差があります)

遺品整理の料金は定価がありません。しかしパック料金などの計算方法は業界として存在しません。計算方法は㎥で決まります。 立方メートルとは計量法、国際単位系 (SI) の体積の単位である。 1 立方メートルは、 辺の長さが 1 メートル (m) の立方体の体積です。

※近年、適当な電話案内による料金トラブルが一般的な業者で多発しております。

それと同時に、追加料金を徴収する業者とのトラブルも急増しておりますのでお見積もり時には追加料金の有無を確認し怪しい業者と思ったら担当者の署名や捺印をもらったり、利用をしないで専門に相談することをおすすめします。

遺品整理料金の他社比較

他者との比較

ココがおすすめ

一般的な業者と比較するとクリーンサービスはオールインワンで余計な費用がかかりません。すべての費用から買取できるものを探して費用をできるかぎり相殺したり、ハウスクリーニングのプロの清掃付きなのでとても安心です。

間取り(概算)スタッフ人数費用
1R・1DK2〜3名35,000〜100,000
1LDK/2DK3名40,000〜130,000
2DK/3DK4名70,000〜320,000
3DK/4DK4名〜5名120,000〜400,000
戸建・別荘5名〜6名200,000〜630,000
自宅死・自殺5名50,000〜800,000

ココがダメ

ご依頼社様のことを考えると概算通りの費用で施工したいのですが、どうしてもこの業界は目で確かめないと言った言わないのトラブルになってしまうため(搬出状況・必要人数・遺品の量)を確認するためにお見積もりにお伺いしなくてはなりませんことをご了承ください。

遺品整理料金の目安

遺品の分別や捜索

遺品の選別・捜索

遺品整理時の取り外し作業

各種取り外し

遺品整理の場所の養生

建物・EV・ドアなどの養生

遺品整理後のフルハウスクリーニング

オーナーも喜ぶプロのフルハウスクリーニング

遺品の供養箱

写真・身につけていたものなどの供養

貴重品返却

貴重品の発見と返却

ココに注意

信頼のおけない業者に依頼すると貴重品や故人との思い出の遺品を適当に扱われることが実際にありますのでくれぐれもそのような業者に任せないようにしてください。

遺品整理作業をご契約いただいたお客様に遺品整理後の除菌・抗菌サービス

除菌抗菌仕上げ
遺品整理クリーンサービスでは自社生産している「除菌液」で遺品整理後のお部屋を完全除菌しています。きちんと分析に提出しウイルスの除菌効果も検証済みで安心してお部屋に入ることができます。

除菌検査

検査結果合格

分析結果報告:合格

試験株:日常的にどの家庭でも発生する大腸菌を使い1分後、5分後、15分後と検査し1分後にはすべての大腸菌を除菌できて(検出せず)の合格となりました。

ココがおすすめ

クリーンサービスでは自社で除菌液の開発をおこない、遺品整理前後に建物内すべてを除菌しています。これは当社自社開発による除菌液で散布して菌に吸着し役目を終えたら水に戻るという性質を持っており安全に使用することが第三者機関で証明されています。

もちろん、お部屋の空間だけではなく水回りや窓・ゆかなど清掃をした箇所にも最終仕上げで除菌するので明け渡しの時には除菌済みのお部屋になっています。

ココがポイント

一般的な遺品整理業社と比べても除菌液をサービスできるところはありません。ウイルスが蔓延している昨今、少しでも安全にお部屋を返せるように精進しています。

お客さまの声(実際のインタビュー感想含む)

東京都のT様の遺品整理

一人暮らしをされていた息子様の遺品整理、今回は自ら命を絶ってしまった精神的に切ない現場でした。 ご依頼主のお父様やお母様よりも先に逝ってしまったそのお部屋にはもう誰もいないが、部屋の住人が出かけている ...

横浜市遺品整理
横浜市のY様が遺品整理を利用した声

「若いからまだまだ死なない・・・」と思う方が少なくないと思いますが現実では若くして志半ばで亡くなっていく方がいらっしゃいます。それはある日突然やって来る「心筋梗塞」 心筋梗塞とは、 心筋梗塞(しんきん ...

higashimurayama
東村山市のA様の遺品整理とハウスクリーニング

親が遺してくれた家、遺品整理をしてこれからどうするかを考えていきたい。 そのままゴミとして処分するのは「偲びない」 だから、きちんとした気持ちをもった業者さんに依頼したいんだ。 そう言って選んでいただ ...

群馬県太田市の遺品整理と故人と孫の思い出

[wide] 「最後はガンでした」 いつも、孫の顔が見たくて待っていてくれていました。 [/wide] [wide]孫を望む祖父母世代は65%で過半数よりも上回っています。 その中でも男親の方が孫を望 ...

よくある質問の一部

どのような物件でも対応してもらえますか?

はい、すべての物件に対応しています。

見積もりで持っていくものはありますか?

故人の部屋のカギをお持ちください。そのほかは特に必要はありません。

バイクや車の廃車もお願いできますか?

はい、手続き代行も可能です。

今まであった質問と答えはこちらで掲載させていただいておりますのでご確認いただければ幸いです。https://www.shobunya.com/know-how/よくある質問一覧/

"極力"処分しない遺品整理

遺品整理クリーンサービスでは、故人の人生に(先人として)敬意を払い遺品を極力処分せずに循環できるものに役立たせていただいております。下記の寄付先や譲渡先ではその故人が残した遺品が役立っています。

遺品の寄付(さくら猫)遺品整理クリーンサービスでは、年間に殺処分されてしまうネコを救うために需要がある遺品から得た収益をさくらネコ基金へ寄付しています。2017年度寄付

遺品の寄付

二本松の仮設住宅に行った時の様子

 

福島県の二本松にあった仮設住宅へ古い家具(無垢でできている高級家具)を寄付させていただきました。

遺品の寄付(賛助会員)

盲導犬協会賛助会員

 

盲導犬協会へ継続的に寄付を行なっています。人間の目の代わりになる盲導犬の数は減少しておりその育成に関わる費用は寄付で成り立っていることはご存知でしょうか。

医療への寄付「5秒に1人」世界で子供の命が消えています。遺品そのものは寄付できなくても遺品で収益を得られるものからわずかですが世界で働く国境なき医師団へ寄付させていただいています。

遺品整理の売り上げから杉苗奉納

毎年奉納

 

クリーンサービスは、遺品整理の際に神棚の護摩やお部屋で亡くなった方の鎮魂のために毎年高尾山・薬王院にてお護摩返却や杉苗奉納をしています。

遺品整理専門家:山本 純一
ここまで遺品整理専門家の山本が、弊社の遺品整理クリーンサービスについてご案内させていただきました。業者によってサービスが違う業界ですが「業者の質はピンからキリ」ですのでご依頼者さまが望む遺品整理をしてくれるか見極めて依頼するようにしましょう。業者の良し悪しは大体がホームページで定期的に新しい情報を提供しているかでわかります。
活動をきちんとしていればご遺族に伝える情報は必ず出てきますので情報がない業者はそれなりという判断で間違いはないと思います。一生に何度も業者に依頼することのない遺品整理ですので、損のないような選定をお祈り申し上げます。
  • この記事を書いた人

アッキー

「遺品整理人®︎登録番号:第5967866号」遺品整理専門家:磐田晃 受賞:銀賞 2018 NEW YORK FESTIVAL LONELY DEATHS (孤独な死) ザ・ノンフィクション「孤独死の向こう側 ~27歳の遺品整理人~」視聴率歴代7位| 情報の正確性:厚生労働省や総務省のデータ、創業から22年での実際の現場での知見をもとに記事を発信しています。| サイトの目的:これらの情報が人との絆、人の死への尊厳につながっていければと思っています。

あなたが「何かを選ぼう」と思ったとき、どれくらい時間をかけて選びますか?

3時間? 3日間? 3週間?

もし、その選択が満足できるものであれば、できるだけ早く選択を決意したほうが、あなたの大切な時間が救われます。
しかし、私たちは選択に時間をかけてしまいます。

なぜ、時間をかけてしまうのでしょう?

その理由はカンタンです。
ご依頼者さまの背中を押してくれる確かな情報が少ないからです。

背中を押してくれる情報が少ないからこそ、

「本当にこの選択でいいのだろうか」 「この選択で後悔しないだろうか」

ということが頭をよぎってしまうのです。

では、そんなことが頭をよぎらないくらい、 ご依頼者さまが求める確かな情報が十分に集まったサイトがあればいいのではないか、 私たち遺品整理クリーンサービスはそう考えました。

私たちクリーンサービスは、遺品整理業界における【情報の届け方】を本気で変えたいと思っています。

ですので、遺品整理の情報がどこよりもたくさんあって、しかも透明性のある作業画像とホームページの信頼性を重視してご依頼者さまに発信しています。

遺品整理業者でひとくくりにしてしまうとどこも一緒になってしまいます、しかし経験のない会社やご遺族に与えられたご用命にしっかり応えられる会社は数社しかございません。後悔しない選択はどこにもない情報を発信し、少しでもご遺族に貢献できる業者を選択することです。

クリーンサービスとの出会いが、ご遺族にとって確かな選択となることを願っています。