北本市斉藤様

埼玉県北本市在住の斉藤様、旦那様が亡くなられてどうしてよいかわからないときに知人の紹介で「遺品整理クリーンサービス」にご依頼いただきました。悲しみもありましたが良い業者に出会えてよかったと思っています。

もくじ

  1. あまりに突然の知らせ
  2. 手探りの中で市役所にも相談
  3. 単純ながらもあたたかく
  4. 孫の結婚姿を見せてあげたかった
  5. 冷静な第三者の判断を

あまりに突然の知らせ

お亡くなりになられた状況はどのような感じだったのですか。


 

私が畑をやっていて、警察から電話が来て自宅で亡くなっている旦那様の遺体が発見されたことを聞かされました。旦那様は以前から腎臓を患っていて透析も受けており、長くないことはわかっていました。しかしまだ数年先のことだと思っていたので、知らせを受けてとても驚いたことを思い出します。

はっきりとした原因はわかっていませんが、突然死だったようです。見つかったときには亡くなっていました。

手探りの中で市役所にも相談した

遺品整理業者をどのように探されましたか?


uvs151220-002

長くはないということを聞いておりましたので、以前から知人に聞くなどして情報を集めていました。しかしいざとなると頭の中は全くの真っ白となってしまい、何一つ「こうしよう」と考えていたことが思い出せないのです。何もわからなかったため、まず市役所に相談しました。

そこで市役所に紹介された遺品整理業社に電話した際の第一印象は、「何をいっているのかわからない」。項目とその金額を一つずつ説明されましたが、業界の用語の知識がないため項目の名前を聞いても何をさしているのかわからず、全く判断できないのです。最後に金額も聞きましたが、正直なところはっきりと覚えていません。とりあえず「検討します」と電話を切りました。

私は古い人間ですから携帯などで探すことはできませんでしたが、近くに住む友人が以前に利用したことのあるお宅への紹介をしてくれたんです。

遺品整理クリーンサービスさんは、話を親身にゆっくり聞いてくれて私が「どのようにしたいか」「どのようにしてほしいのか」という事を一緒に考えてくれました。その時にうれしい気持ちでいっぱいでした。

単純ながらもあたたかく

どのような遺品整理をご希望されていましたか?


 

私には、すべて必要のないものばかりで残しておく必要がなかった遺品だから、サッと全部片付けてくれればいっそのこと全部忘れられるとおもっていました。

でも、スタッフさんの心遣いで写真はもちろんのこと残してくれたが、旦那様が最後に身に着けていた腕時計や衣類・眼鏡を探してくれていたのを娘から聞いて本当にこころのこもった業者さんだなぁと印象に残っています。

それは、旦那の仏壇に置いて毎日あの世で衣食住が不自由にしないようにと拝んでいます。

孫の結婚姿を見せてあげたかった

遺品整理が終わっていまどんなお気持ちですか?


遺品整理が終わって、正直なところ今はほっとしています。少し気が緩んでいるかもしれません。叶わない願いですが、やはり旦那ともう一度話したいですね。「私が死んだらありがとう、お疲れさんといってほしい」という生前の言葉を思い出し、今は毎朝毎晩仏壇に手を合わせ、心の中で感謝と労いの言葉を伝え続けています。

亡くなってしばらくして、普段使っていない旦那のカバンの中から封筒が見つかりました。その中には、来年に結婚するうちの孫に向けて結婚式で読んであげようと思っていた手紙とこっそり貯めていたお金が入っていたんです。身体が弱く働けなかったため、収入が決して多くなかった旦那様。そんな中で孫を思い、こつこつとやりくりして貯めていてくれたことを思うと、涙があふれて止まりませんでした。

冷静な第三者の判断を

遺品整理クリーンサービスへ何かご要望はございますか?


あなた達は親切にいろいろと教えてくださいましたが、いまだに時頼寂しい気持ちがフッとよぎる時があります。夜一人で晩御飯を食べているときに「ひとりなんだぁ・・・」と気づく瞬間、娘に電話して聞いてもらいたいことで気持ちを落ち着かせています。

娘には聞いてもらうことがあるけれど、やはり娘だけではなく息子のようなあなた達に聞いてもらいたい話もありますね、ずっと旦那と話をしてきて亡くなった途端に娘だけが話し相手のような気がして・・・

でも、近所の友人が心配してきてくれるのでいつまでもメソメソしていられませんよ。いまはお茶を飲みながら友達といろいろな話をしています。

遺品整理業者さんには、士法とは別に生前に予約できることや、死後の紹介状のようなものがあれば、今後も役に立つように思います。

遺品整理クリーンサービスのHPをご覧になっている方に一言お願いします。

私は頭が真っ白になってしまいましたし、他の人も同じ立場になれば冷静ではいられないでしょうから、冷静な人がいるならその力を借りたほうがいいのではないでしょうか。その冷静な人というのが、「遺品整理クリーンサービス」のような第三者機関なのではないかと思います。私はすぐに決めましたが、結果的に満足できたのはその力があってのことだと思っています。迷うぐらいなら、一度相談されることをお勧めします。

IMG_0272

最後に遺品整理クリーンサービスから一言

遺品整理業者は大小合わせて10000社あると言われています。その中からたった1社をお決めいただくのはご縁があったからなのではないでしょうか。

遺品整理業者はそれぞれに良い点と悪い点があると思います、遺品整理クリーンサービスも全部が良いのではなくご不満を与えてしまうときもあるかもしれませんが、何かに入っているから安心して頼んでくださいではなくご遺族の気持ちに焦点を向ければどの遺品整理業者でも良いサービスが提供できるのです。

私たちは、日々ご遺族にどのように対応すればよいかを考えプロとして接客の勉強などを怠らないように真剣に取り組んでいます。

斉藤様、本日はお忙しい中、
貴重なお話をありがとうございました。

このたびは、お悔やみ申し上げます。

IMG_0336