851b5e7898f173fcd14791ecbeaf4ec4_s

私たちはビジネスマナー研修を終えたスタッフや清潔感があるスタッフがご自宅にお伺いいたします。

●顧客訪問の心得
1. 訪問先のビルの入り口で、コートは脱ぐ。
2. 訪問先には10分前に着いて、受付には5分前に向かう。
3. 受付では、挨拶をして、社名・名前を名乗り、訪問先を告げる。
4. 部屋に入ったら、椅子に浅く腰掛け、担当者が入室したら、立ち上がって挨拶をする。
5. もし、約束の時間に遅れそうなときには、客先に1本電話を入れる。

●訪問マナー
1. 清潔感ある身だしなみを徹底して、第一印象をよくする。
2. スーツに白いソックスはNG。黒か、スーツの色に合わせたものをはく。膝までの長いソックスがベスト。
3. 手元で差をつける。ビジネスシーンでも、名刺を渡すなど手を見られる機会は多い。爪や手が汚れていないかチェックする。
4. 顧客には、今日伝えたいポイントがいくつあるのかを先に伝えて、話を始める。

遺品整理クリーンサービスが心掛けているスタッフのビジネスマナー

ビジネスで個人のお宅を訪問する際は許可された部屋以外には入らない。お手洗いを借りる場合は必ず許可を得る。タクシーを利用して訪問する場合は少し手前で降りる様にする。

個人のお宅を訪問する際は、訪問時間の配慮も必要。早朝、食事時間、夜遅い時間は避ける。平日の午前10~11時、午後1時~2時の間にアポイントを申込むことが望ましい。また、忘れられていたり、予定がかわってしまったりする可能性がありますので、訪問時間の1時間前には電話で確認をとっておく事。訪問は1時間以内長くても2時間にはおさめる。

企業への訪問以上に身だしなみには気をつけてください。個人のお宅への訪問の場合靴を脱ぐ事になりますので靴下、ストッキングが清潔であるか、靴の中敷についても清潔であるか確認しておく事。また、コート、手袋、マフラーなどは、玄関の外で脱いでおく。

約束の時間より早く訪問してしまうと先方が困ってしまう場合がありますので、約束の時間より3~5分ほど遅れて訪問する事。

靴を脱ぐ

1.玄関の中央を少しだけ避けて立ち、正面を向いたまま脱ぎ家に上がります。

2.式台に斜めに座り、靴をそろえ端に置きます。靴をそろえる際は、つま先は外に向けます。

椅子に座る

1.椅子の左側に姿勢良く背筋を伸ばして立った姿勢から左足を半歩前に出します。次に、右足を椅子の前に移したら、両足を揃えます。

2.片足を後ろにひき、ふくらはぎを椅子につけながら静かに腰をおろす。腰を下ろしたら両足を揃える。

和室・ふすまの扱い方

1.ふすまの正面に座ります。手を引き戸にかけ、まず手が入る程度開く事。

2.手をふすまの下から25cmあたりに移し体の半分ほどの幅にふすまを開きます。

3.先ほどと反対側の手で、体が通るくらいの幅にふすまを開いたら、会釈をして立ち上がり入室する。

和室の席次

和室の席次は入り口から遠く床の間に近い位置が上座となります。床の間が無く庭が見える部屋の場合は入り口から遠く庭が見える場所が上座となります。

DSC00786

tel