古い一戸建ての遺品整理をしているときにたまに日本刀のようなものが出てくるときがあります。そのようなときには登録してあるかどうかも問題にはなりますが、無登録の場合は所有することが出来ないので気をつけましょう。

日本刀を所持するのに免許とか警察の許可は必要ありませんただし、日本刀には1本1本左図のような「登録証」が付いています。これは車の車検証のようなものです。従ってこれは刀に付くもので、人に発行される免許証などとは異なり、「登録証」には所有者の名前などの記載はありません。これが付いていない日本刀を所持していると、不法所持となり懲役、または罰金が科せられます。日本刀を購入する場合、必ずこの「登録証」が付いていることを確認して購入してください。

登録証がない場合は

登録証が無い日本刀を所持していると罰せられます。買ったり譲り受ける場合は必ず「登録証」のあるものにしてください。

ただ、代々続く旧家などの場合、整理していたら蔵の奥から「登録証」の無い刀が見つかることもあるかもしれません。この場合は、刀を持って警察署へ「発見届け」の手続きをしに出向いてください。派出所ではなく、所轄の警察署です。警察署までの道中、「登録証」なしで持ち歩くことになりますが、届け出に行くのですから問題ありません。保安課が担当ですので、刀が出てきたことを届け出ると、書類を何枚か書くことになります。何処から、どういう状況で出てきたのかが主になります。正直に記入しましょう。その刀が必要なければ任意提出で置いて帰ることも出来ます。

遺品整理はどうすれば

blogtop

遺品整理を依頼するにはお客様は指示だけすればあとはスタッフが対応いたしますのであらかじめ残しておくものと処分するものを分けておくことが良いと思います。

主な遺品整理の内容ですが

  • 遺品整理の作業をいたします
  • 貴重品の分別をいたします。
  • 作業後に簡易清掃をいたします。
  • 合同供養をいたします。

それらが、私たちの遺品整理にはセットになっておりますのでお気軽にご依頼ください。

s-kouka

依頼はどのように

流れとしましては、

  • フリーダイヤルまたはメールにてお気軽にご予約
  • お見積りにお伺いしてその場で料金提示作業日決定
  • 作業日当日に分別や搬出作業
  • 作業後にご清算

といった全体的な流れとなっておりますので時間が有効活用できると思います。

作業の流れ

お問い合わせ

お問い合わせについては、フリーダイヤルまたはメールにてお気軽にご予約ください。メールの方は下記のバナーをクリックしていただければ専用のフォームへ移動いたしますので必用事項をご記入の上送信してください。

tel