長野 哲夫長野 哲夫

こんにちは!
遺品整理クリーンサービスの遺品整理人、長野哲夫です。

あなたは第一発見者になりたくないから見ぬふりをしていませんか?
または、孤独死の死臭を嗅ぎながら近所に住んでいる人の生活を考えたりできていますか。
異臭ってわからないですよね…。
嗅いだ人は警察か医師もしくは遺品整理人とか限られた人になりますよね。

sinnmeme%e6%98%9f_001

今回は、放っておいた孤独死で強烈な臭いを放っていたお部屋の遺品整理と清掃です。
いったいなぜ、孤独死に至ってしまったのか?という原因を掘り下げていきたいと思います。

死臭には種類があるのか

img_6795
そもそも死臭には種類があるといいますかケースによって死臭は異なる臭いを放つと思っています。

家屋内で腐敗していた場合、くさやの干物やチーズ、生ごみの腐った臭いに近い。水中で腐敗した場合はドブのヘドロの臭い、冬場など寒いところで腐りにくい状態で中途半端に乾燥した場合はスルメの臭い、ミイラの場合はかつお節の臭いに近い臭いがする。質的にはこうした臭いに近いのだが量的にはこうした腐敗した物が、鼻のすぐそばに少なくても100個以上並んでいるんじゃないかと思うくらい強烈な臭いといえるのではないでしょうか。

臭いはいったいどうやって発生するものか

sinnmeme%e6%98%9f_002
誰にも看取られることなく人が亡くなって腐敗し放つ臭いはどうやって発生するものなのか?

体内の微生物が、宿主の体を崩壊させつつ放つ物質とのこと。

体内の微生物・・・動物の体は微生物と共存共栄していて細胞が死んだときにバランスが取れなくなり臭いというものに代わっていきます。

では、その原因となる物質はどのようなものがあるのでしょうか。全部ではなくとも代表的なものを上げていきましょう。

アンモニア、インドール、スカトール、硫化水素、揮発性アミン、メルカプタン、脂肪酸、酪酸、吉草酸、プトレシン、カダベリン、プロピオン酸…

上記にあげた中で最もなのが、酪酸は完全に死臭です。

酪酸は完全に死臭です。

酪酸菌とは、酪酸菌は糖を発酵して酪酸を生成する菌の名前で、炭水化物を分解し多くの酪酸を生成いたします。
sinnmeme%e6%98%9f_004

地球上のあらゆる動物の消化器官の中には常に存在する菌になっていて腸内のバランスを保つ働きをしています。
酪酸菌は100℃にも耐えうる胞子を形成していて、強酸や強アルカリ・乾燥などの厳しい条件下では活動を休止したり環境が良くなればまた生成を開始したりするので腸内にいきたまま届けているのです。また、ビフィズス菌や乳酸菌の発育を助け動物にとって必要なエネルギー源となる有機酸を作成します。
簡単にいうと、酪酸菌は食物繊維を食べてその代わりに酪酸を作るということになります。

孤独死を放っておくとどういう弊害が出てくるのか?

  • ウジが大量に発生して何万匹ものハエが部屋を飛び回る
  • 死臭の臭いが近隣へ漏れ隣の洗濯物へと臭いが付着してしまう
  • 部屋の床などが腐り、リフォームが必要となる



  • sinnmeme%e6%98%9f_008

    ハエやウジはどこから湧いてくるのでしょうか?

    img_7873
    まず、人が亡くなると換気扇などの隙間からハエが侵入し死亡した体へ産み付けます。そこで産み付ける産卵の数は1回で50~150個の卵を産み付け一生にすると500個ほどの産卵をするのです。
    もちろん、1匹だけが侵入してくるわけではありませんので何匹ものハエが体へ産卵するのです。

    人間の体へ産卵する場所は、1番に目の中へ産卵を好むとされています。目は栄養分もあり孵化したウジにとって栄養を取るのに適した場所になっています。
    そして、産卵後に卵は1日足らずでウジに変わります。幼虫の発育は約一週間で成虫へと進化し成虫になったハエがまた体の一部に卵を産み付けていきます。
    見つかる期間が長くなればなるほどハエは部屋の中で何万匹もの大群になってしまいます。

    死臭の臭いが近隣へ漏れ隣の洗濯物へと臭いが付着してしまう

    img_7750
    死体が腐敗し強烈なにおいを発するようになると部屋内はもちろん近隣へと臭いが漂ってきます。そして食事をしていてもどこからか死臭がしたり、ベランダに干した洗濯物が死臭の臭いになってしまったりするのです。

    換気のために窓を開けてしまう遺族や大家さんなどがおりますが近隣配慮を考えて窓を開けるのはやめるようにしましょう。

    部屋の床などが腐り、リフォームが必要となる

    img_6782
    部屋で死亡すると、腐敗した体から体液が流れ出してしまいます。人間の60%は水分ですのでそれが床へと流れだしてきます。

    畳の上で死亡した場合は畳の下に浸透していきますので畳が吸ってくれるのではありません。
    フローリングの場合でも床下に浸透した体液や吸ってしまった木材が臭いを発するので対処が必要です。
    遺体を放置して良いことは何にもありません。下層階へ住む人も天井から何か垂れてくるなんてことも実際にあるのです。

    ハエの害について何があるのか?

    img_7984
    ハエは単に食べ物にたかるだけではなく大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、赤痢菌、腸炎菌など様々な病原菌を媒介します。

    1996年頃に問題となったO-157もイエバエによって媒介されておりその後も被害が続いています。

    孤独になってしまう人の特徴は

  • 1番多いのが糖尿病を患い成人病疾患を患っている人です。
  • 2番目は独居で認知症を発症した高齢者
  • 3番目に生活保護の受給者
  • 糖尿病を患い成人病疾患を患っている人

    糖尿病予備軍と呼ばれる人は生活の欧米化に伴い、日本では6人に1人が糖尿病の予備軍となっています。糖尿病が原因で死亡するのではなく「糖尿病を患っていて合併症で死亡する」ことが少なくありません。

    なぜならば、糖尿病になってしまうと完治がなく一生病気と付き合っていかなくてはなりませんのでその間にも腎臓や膵臓に負担が掛かり自分ではインスリンが製造しずらくなってしまいます。

    2番目は独居で認知症を発症した高齢者

    認知症を発症してしまうと、物忘れが意識していても起きてしまいます。自分で認識できていないので何をしたかがわからなくなってしまいます。特徴的なのがゴミ出しをしなくなってしまいます。その為にゴミ屋敷へと変わっていってしまいます。

    3番目に生活保護の受給者

    現在の日本では生活保護受給者が200万人を超えています。様々な理由で生活困窮となっておりますが中でも男性が多くなっています。女性よりも男性のほうが多い理由としてコミュニケーション不足が男性は女性よりも優れていないことが挙げられます。

    1日に孤独死で何人くらいが亡くなっているのでしょうか

    現代において死後4日以上経過して遺体が見つかった65歳以上の高齢者を対象にするとその数なんと、15,603人に上ります。
    1日に42人が孤独死をしているということになります。
    img_7746

    そして死後2日以上といたしますと26,821人となりますので1日あたり73人、1時間に3人がどこかで孤独死をしてしまっていることになります。

    人は自分を見失い、それを人のせいにして正当化する

    上記にあげた項目は年金の不安や独身の増加など社会保障を訴えることに終着点となるが、肝心なことは「先人が後世に託した事」ということを忘れていないだろうか。

    現代の日本という国は先進国が舵を切る世界から見た見本となるだろう。

    sinnmeme%e6%98%9f_010

    先人たちが日本の為に戦争へ行き「命の片道切符」で日本を守ってきた。先人は胸を張って後世に日本を託すという手本を示してきた。
    ですが、現代では戦争に行った人や片道切符を持った人を待つ家族の気持ちを考えることが薄れているように、女性はおしゃれ優先・男性は平凡差を作り上げてしまっている。
    自分の事だけが最優先となって後世に託すことは何があるのか?
    家族という一族を破たんさせないように受け継がれてきた子孫繁栄が途切れてしまう未来はそう遠くないのかもしれない。
    先人が胸を張って後世に託してきたように、現代の人も胸を張れることをして後世に受け継いでいくことが必要なのではないかと思う。
    しかし、年金や核家族化、社会保障へと社会問題化として自分達が努力しないで国のせいにしてしまう傾向は見るに堪えない場面でもある。自分一人ではどうにもならないというあきらめからの先入観よりも有志を集め変えていくことインターネットが普及した現在では可能なのではないだろうか。
    コミュニケーションが希薄化しているというのは、アナログ時代の目に見える範囲でのコミュニケーションと場所が変わったデジタルでのコミュニケーションに推移しているからではないだろうか。

    「人生最大の病は、自分の死を受け入れることができない事」

    sinnmeme%e6%98%9f_009
    人は誰しもこの世に生まれたならば最後は死が待っている。

    縁起の良いことばかりを目に入れ、縁起の悪いことは見ぬふりをしてしまう日本独特の習慣が平和ボケとなってしまうのだろうか・・・。
    孤独の恐怖から逃れるために逸れたことをしてしまったり、死ぬことを考えたくないから子供と将来の事を真剣に話をしなかったりという現実の中で、子供が将来自分一人で歩いていくにはまず大人が手本を示さなければならないのではないだろうか。
    子供は親を手本とし、家族みんなで一生を過ごせると思っていては甘えてばかりで働くことをせず仕事も長続きしないで実家で過ごす人生が多くなるのではないでしょうか。
    親にお世話になった分、将来年金という形で恩返しをしていく制度が破たん寸前まできている現代で自信を持って子供を社会に送り出すことが出来ていれば将来的不安もそこまではないのかもしれません。
    病は気からとあるように、「自分の死」を受け入れることが出来ない人にとって最大の病となるのではないでしょうか。
    自分の子供は可愛くて当然ですが、独り立ちさせることを教えるのは学校の先生ではなく近所の人でもなくその子供の親だけです、今後の日本の為に考えてみませんか。

    特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

    • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
    • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
    • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
    • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
    • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
    • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

    上記のどれか1つでも当てはまる人は、遺品整理クリーンサービスまでご連絡ください。あなたに代わって「遺品整理・特殊清掃」を解決いたします!

    しかし、その金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確なお見積りの総額を知ることができます。

    otoiawase