一人お部屋で亡くなる「孤独死」の要因のひとつに「糖尿病」で亡くなり死後発見が遅れるケースがある。

今回、訪れた現場は糖尿病で治療していた故人の部屋だった。

孤独死の原因となるケースは人それぞれまったくケースが異なるが、病気を患い一人お部屋で亡くなっていくことが少なくありません。

糖尿病ってどんな病気なのか?

糖尿病というのはかんたんに表すと血糖値が高くなる病気です。

食べ物や飲み物を消化して作られるブドウ糖というものがあるのですが、それは人間の体を動かすエネルギー源となるものです。血液によりからだの細胞に運ばれて筋肉や臓器でブドウ糖は使われています。

血糖値というのは血液中にそのブドウ糖がどのくらい含まれているのかを示すものである。
糖尿病になるとブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞などに運ばれなくなって血液中にあふれてしまう。インスリンというホルモンが足りなくなったり作用しなくなってしまうのです。

インスリンってなんですか?

上記で出てきた「インスリン」についてかんたんに説明していきます。

インスリンは体のなかで唯一血糖をさげる役割のホルモンで食後に血糖が上がらないように調節してくれる働きがあります。

それに血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り活動するエネルギーに変えたり脂肪やグリコーゲンというものに変えてエネルギーとして蓄えておくようにする働きがあるのです。

インスリンはブドウ糖のコントロールをしていると思うとわかりやすいかもしれません。インスリンが不足したりうまくさようしなければブドウ糖が細胞に送りこまれなくなって血液中のブドウ糖が使えなくなってしまうのです。

そうすると、血糖値が上がってしまい筋肉や内臓にエネルギーが運ばれなくなり全身のエネルギーが不足することになってしまいます。

糖尿病にはいくつかのタイプがあるのでチェックしておきたい。

糖尿病の種類について

  • 1型糖尿病

膵臓のB細胞というインスリンを作る細胞が破壊されからだの中のインスリンの量が足りなくなって起きる。子供の頃に発祥することが多く小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。

  • 2型糖尿病

インスリンのでる量が少なくなって起こるものと肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用を感じなくなるためにブドウ糖がうまく取り入られなくなって起こることがあります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く日本では95%以上はこの2型糖尿病になっています。

  • 遺伝子の異常や他の病気が原因となるものがあります

遺伝子の異常や肝臓・膵臓の病気、感染症・免疫の異常などのほかの病気が原因となって糖尿病が引き起こされるもの(お酒を飲みすぎて肝硬変になったり)薬剤が原因となって発祥するばあいもあります。

  • 妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病、新生児に合併症が出ることもある。

 

もちろん、きちんと調べないとわからない場合があるので病院で詳しい検査をしてもらうのが良いでしょう。

日本人に多い2型糖尿病は主に食べすぎや運動不足などお酒の飲みすぎによる発祥の原因が高くなっていますので注意しましょう。

糖尿病は生活習慣が大きな原因となっています。

糖尿病の人はどのくらいいるのでしょうか

平成19年の国民健康調査によると「糖尿病が強く疑われている人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」の1320万人をあわせると全国で2210万人がいると推定されています。しかも、糖尿病が疑われている約40%の方はほとんど治療を受けたことがない人に値するのです。

糖尿病ははじめのうちは痛みなどの自覚症状がなく、検査で血糖値が高かったり治療が必要といわれたことがあっても、治療を受けないひとが多いのが現状です。

糖尿病で亡くなってしまう人はどのくらいいるのですか?

糖尿病で亡くなる方は年間1万4千人くらいいます。

糖尿病単体だけではなくて、合併症を引き起こして腎臓障害に至るケースで人工透析を始めなくてはならない人が年間1万5千人ほど、糖尿病が原因で視覚障害の発生も年間3000人くらいが報告されています。

糖尿病を放っておくと合併症が出始めてしまいますので注意が必要です。たとえば

  • 脳梗塞
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病腎症
  • 動脈硬化症
  • 糖尿病神経障害
  • 感染症
  • 皮膚の病気
  • 糖尿病網膜症

糖尿病の3大合併症は赤い字のところが糖尿病特有の合併症となっています。

  • 糖尿病神経障害

合併症の中でもっとも早く出るのがこの糖尿病腎症です。中心となる足や手の末梢神経障害の症状の出方はさまざまで、手足のしびれ・けが・やけどの痛みに気づかないなどです。そのほかには筋肉の萎縮や筋力の低下・胃腸の不調・立ちくらみ・発汗異常などさまざまな自律神経障害の症状も現れてきます。

  • 糖尿病網膜症

目の底にある網膜という部分の血管が機能低下し、視力が弱まります。中にはそのまま失明する場合もあります、他には白内障になるかたも少なくありません。

  • 糖尿病腎症

人間の尿を作る腎臓の子宮体という部分の毛細血管が悪くなり尿が少しずつ作れなくなります。そうすると人工透析という機械で血液の不要な成分をろ過し、機械で尿を作っていかなければなりません。週に2~3回の通院をしなくならなければならなくなるので日常生活には大きな影響を及ぼすことになります。現在では人工透析になる原因の1位が糖尿病腎症と呼ばれています。

糖尿病の予防法はどのような方法があるのでしょうか

「肥満を防ぐことが糖尿病を防ぐ最大のポイントになります。」

平成14年に行われた糖尿病実態調査でも今までに一番重かったときの体重が重い人ほど糖尿病にかかりやすいことが判明しています。

肥満の基準にはBMI(ボディー・マス・インデックス)という基準が広く使われているのです。これは病気が一番少ない体重を統計的に割り出したものになります。BMIが22のときはもっとも病気が少ないということです。

 

BMI = 体重 □□㎏ ÷ 身長 ○○ m ÷ 身長 ○○ m

あなたの標準体重を計算してみよう

標準体重 = 身長 ○○ m × 身長 ○○ m × 22

  • 18.5未満・・・・・・・・・・・低体重
  • 18.5以上25未満・・・・・普通体重
  • 25以上・・・・・・・・・・・・・肥満

肥満は糖尿病だけではなく生活習慣病の原因になるので食事と運動のバランスが極めて人間には大事なのである。

糖尿病を防ぐ食事はどのようなものがあるのか

  • 野菜はたっぷりとるようにしましょう
  • 食事は決まった時間に時間をかけて食事しましょう
  • 甘いものや脂っぽいものは食べても良いが食べ過ぎないこと
  • 大皿で食べずに一人分として取り分けて食べるようにしよう
  • 薄味にしよう
  • 何かをしながらの食事はやめよう
  • 多いときは残そう
  • 調味料は直接掛けるのではなく、付けて食べるようにしよう
  • 食品のエネルギーを知っておこう

糖尿病を防ぐ運動の方法はどのようなものがあるか

  • 外出するときは少しだけ早めに歩くようにしよう
  • 遠回りして歩く距離を増やすようにしよう。
  • 買い物は歩いて買いだめをしないこまめにいくようにする。
  • 3回までならエレベーターではなく階段を使う工夫。
  • 1日1万歩を目標に歩くようにしよう。
  • 週に1度くらいは隣の駅まで歩くようにしよう
  • テレビを見ながらストレッチなどをしよう。
  • 泳げなくても水中を歩く努力をしよう。

糖尿病になって人生が終わってしまっては切ないですね。

tounyou今回、私たち遺品整理人は糖尿病と闘って一人お部屋で亡くなってしまった故人の最後の遺品整理にお伺いいたしました。

糖尿病になってしまったからといって人生がすぐ終わってしまう、いつ死んでも良いんだというわけではありません。

糖尿病とうまく付き合っていけば一般の方と同等の生活はできるものです。

お酒を浴びるように飲み、糖尿病と合併症を患い一人お部屋で最後を迎えてしまったまだ若い男性。

遠方から駆けつけた高齢の母親が何度もなんども息子の名前や生き方を私たちに諭すように言っていた。

「いつ死んでも良いんだ、酒はやめられない」

というのが故人の口癖になっていたそうだ。

しかし、発見されたのは死後10日が経っていた。

見つけてもらうのを部屋で待っていたのだろう、もしくは死を覚悟していたのだろう。部屋の中には必要最低限の家具・家電だけがありいつ逝っても迷惑を掛けないようにしていたのかもしれない。

IMG_0196

悲しみに暮れるご遺族のために真心こめて丁寧に遺品整理をさせていただきました。

この記事が少しでも役に立ちましたらソーシャルで共有していただければ幸いです。

最後の遺品を旅立ち先へ

遺品整理クリーンサービス

公式サイト http://www.shobunya.com

tel