tokushuseisou tokurei1tokurei2tokurei3 mokutou誰もが「まさか自分の身内で孤独死や自殺」という形で故人を亡くす事は想像もしていなかったことが少なくありません。

  • しばらく連絡がなかった。
  • 急に実家に来てすぐもどった。
  • 新聞がポストに溜まっていた。
  • どこで何をしているのかわからなかった。
  • 病気で塞ぎがちだった。

otoiawase onayami 特殊清掃専門のクリーンサービスは現在の高齢化社会において老若男女問わずさまざまな状況で亡くなられた現場の遺品処分と特殊清掃を専門に行っている専門業です。

孤独死(孤立死)・自殺・事故死など亡くなる理由はそれぞれですが、いち早くその場を何とかしないといけない場合や警察の観察が済んだ後に私たちが専門としてお伺いしています。

原因がわからずお部屋に入室する場合には空間に蔓延しているバイ菌に注意し殺菌消毒をしてから入室しなければなりません。 お部屋で亡くなり日数が経過してしまった場合には、害虫が大量に発生しています。そのため入室前の害虫駆除などを行う場合もございます。

夏季では、たった2日で人間の体は腐敗してしまいます。ご遺族にも見るに堪えない姿になってしまうこともございますので精神的に辛い状況をいち早く脱するためにも私たち専門業にご依頼ください。 otoiawase tashahikakua0002_002782_m

「お葬式は葬儀屋さん、お経はお坊さん、じゃあ、遺品を片付けることを行う人って誰なの?」なんて疑問に思ったことはありませんか?

孤独死や自殺物件の遺品整理は、基本的に縁起を担ぐ方たちではなく人として誠意ある人間しか行うことができない遺品整理の作業になります。
人知れずお部屋で亡くなった場合には遺体の腐敗が進み、体液などが床に染み込み床材を腐らせてしまうことになってしまいます。

「死臭」と呼ばれる臭いは簡単に除去することができません。それには特別な溶剤を使いきちんと消毒まですることがお部屋を明け渡せる手段となります。一般的な溶剤を使っても消臭剤を使っても却って臭いが混ざり合い強烈な刺激臭を発生させる原因にもなってしまいます。

遺品整理クリーンサービスには、長年特殊な清掃を行ってきたスタッフが5名存在しています。

専門に行ってきたからこそ、ほかにはできない遺品整理と清掃ができるプロフェッショナル集団となっているのです。

imasugushoukai otoiawase
sagyou
taioueria
erabareruriyuu
nioi
chikaisonzai
otoiawase
okyaku1
okyaku2
omakase
ryoukin

otoiawase