最後は自分の好きな海のそばの家で

それは、ある日突然起こった…
海が好きで病気を患い都内から移った若い人の孤独死
成人するまで順調に過ごしてきてある日をさかいに体に変化が起きた。
診断は、リンパ系の難病だった。

昔はケンカばかりしたお兄さんよりも、自分のわがままで好きなことをやらせてくれた親よりも先に逝ってしまった。

都内で一人暮らしをしていたが、海が好きで海のすぐそばに引越して1人充実した毎日を過ごしていた。
人込みもなく、近くにコンビニもない土地でゆっくりと過ごしていた矢先に起こってしまった。

「連絡が取れない…」すぐにいけない

親と離れて暮らしていたので親も近くには住んでいない。定期的に連絡はしていたのだけれど最近はなかった…
病院にも通っていたので医者にも来ていない2週間
難病というリスクを背負って生きてきた若干23歳。最後は自宅で力尽きてしまった。
玄関を出るとそこには広い海が真正面に見える集合住宅で近所とも面識はなかったそうです。

涙ながらに語ってくれた親の想い

なんで、親よりも先に逝ってしまうんだ・・・
成人になるまで必死で育ててきて、難病と診断されたことでガッカリした時もあったけれど死んでしまったら私たちはどの位ガッカリすると思う?
私たちは、何も答えられなかった・・・
親だからよそ様の子供よりも自分のうちの子供の方がかわいいけれど、あなたたちは親よりも先に逝ってはいけない。
私たちのこころに突き刺さった瞬間だった。
涙するスタッフもいたが、こんなにも親の愛情を受けて育った故人は幸せだったのかもしれません。
部屋には医者からもらった薬がテーブルの上に置いてあったがその薬を飲むことももうない。10日分の薬が残っていた。
なんの前触れもなく襲ったお迎えが、お父様の振り絞る声に表れていた。

海が好きだったというのでお悔やみの動画には海を入れさせていただきました。