人間の気持ちを何も言葉を発することなく癒してくれるネコ。
孤独死をした現場にはもうひとつの最後のドラマがあった。

若い遺品整理人が感情を押し殺しながら取り組むが作業が進むに連れて・・・

20140127173741(5)

皆さんも飼っているであろう最愛のペットという家族の一員。

その最愛のペットという家族が人間が亡くなった後に残された運命。

「飼ったら最後まで面倒をみる責任。」

私たちは人が経験しない現場で、日々故人からのメッセージを伝えている。

自分が亡くなった後、残されたペットにはえさをあげられる人もいない。
人間もいつ死ぬかわからない、だから生きている間は精一杯の愛情を与えよう。

衝撃、残されたネコが最後に迎えた運命と、若い遺品整理人の目には涙が・・・。(閲覧注意)

最後の遺品を旅立ち先へ-遺品整理クリーンサービス
公式サイト http://www.shobunya.com

20140127175440(3)

20140127175440(1)

20140127175440(2)