1.孤独死とは何か

日本では誰にも看取られずに生活していた部屋でただ一人息を引き取ってしまう「最後の迎え方」がある。

孤独死という意味は「孤独」と「死」が合わさったそのままの意味を持つ言葉といえるのでしょう。

「誰にもみとられずに死ぬ」ということが孤独死という死とは何かということに適しているだろう。

IMGA0307

2.孤独死の現状

現在、約3万2千人も孤独死でなくなっている。その理由としてまず三つの事柄があげられるだろう。

一つ目は「地域とのつながりの薄さ」である。近年、都会に出たまま故郷に戻れなくなっている人がたくさんいる。たとえば、親のために都会に出てお金を稼いでいたが親が亡くなり姉たちは嫁に行き父親は若くして亡くなっている。そのため、母親の供養のために東京から地元にお金を送っていた。しかし、長年東京でお金を送ってきたため、故郷となつながりをなくし孤独死といった流れである。このように地域とのつながりが薄くなってしまうとことが多発している。

top-image
二つ目は、「コミュニケーションのあり方」があげられる。孤独死する可能性がある人は、もっと近所の人たちや親族ともっとコミュニケーションをとっていれば異変に対応できたはずである。ではなぜコミュニケーションをとらないのだろうか。それは「コミュニケーションをとらなくても生活ができるから」つまり「コミュニケーションをとらなくてもいい環境にあるからだ」と考えられるだろう。今の社会ではそのような環境になりがちではないのだろうか。

例えば、家族3世代で暮らしている家庭が極端に少なくなり老夫婦の話を身近で聞くことが少なくなり昔のことが知識として伝わっていない。戦争の話も孫に伝えることもできない。昔ながらの生活の知恵がわからない。

a0002_002782_m
三つ目は、「一人である、一人になってしまった」ということがあげられる。これはなぜ一人、もしくは一人暮らしになってしまったかという観点からみている。例えば最初は、好景気で簡単に会社に入れたが、今の不景気によって会社が倒産、もしくはリストラされ、それを機に家族と別れ現在に至る。という流れが多いようである。また、子供が実家に帰ってこず、高齢者だけの生活が続いたりすることである。特にこの場合、高齢者の夫婦ならまだしも、一人だけだったら孤独死につながってくるわけである。

I was troubled

現在では孤独死という死を問題化する事例も多々見かけるようになっているが、孤独死をしてしまうのが問題ではなく「亡くなって見つかるまでの時間が長引くことが問題」なのではないだろうか。

そこには日本人特有の「見て見ぬふり、関わりたくない、巻き込まれたくない」という気持ちの上での障害があげられるのであろう。コミュニケーションを取ろうとしても人を寄せ付けない傾向で接してくる方や個人情報保護の観点からそれ以上は踏み込めない事例もあるのだろう。

DSC00479

 

私たち日本は先進国に生まれ高度成長期にたくさんのものを作り、そこから大切なことをいろいろと学んできたと思う。ですが不景気(デフレ)に入り先進国の自信を失い何をしても景気が回復しないことを国が悪いからという風に言ってきたと思う。

本当に国が悪いのか。答えはNOだ。日本の政治というのは国民が選んだ人間が政治を動かしている。政治を動かしている人間が政治家ならばその政治家を選んだのは国民なのだ。

法案が成立しないのは国民が絶対にこの政治がしたいという政治家を見抜き選んでいないからなのかもしれない。もっと政治に関心を持ち日本を動かしていく国民がひつようとなってくるでしょう。

021

 

さて、これまで1年間で孤独死という最後を迎えてしまう人が3万2000人になっているがそこには様々な家族模様がありその家族模様に他人が入ることはできないだろう。それができるのであれば各プライベートさえもないことになってしまう。

都内ではドアをあければそこはもう他人との共存地帯となっている。そこで孤独死をなくそうなんていう団体が何をできるのだろうか。団体だから見守り活動で他人の家を覗いてよいなんてことはできないだろう。むしろ犯罪に近い行為となってしまう可能性もあるのだ。

では、どうしたらお年寄りや一人暮らしの方の安否を知ることが可能になるのか。家族同士のコミュニケーションが希薄化している現状ではそれに代わる安否確認が必要になる。たとえば、国家予算を投入し現在各家庭に備え付けてある火災警報器と同様に自分が危険な状態の時に外部へ伝えることのできるコールボタンの設置などがあるのとないのでは孤独死が少なくなることはあるのかもしれない。

しかし、それを自分の意志で押さなければ外部への意思表示にはならない。

ですが、外部へ意思表示なく生きてきたその部屋で死にたいと思う方もいるはずである。

DSC00105

人間はこの世に生を受ければ、どうしても死はやってくる。だから、何処で死ぬかなど決められるものでもない。だが、最期をどう迎えたいのか、もう少し具体的に考えみてもいいのではないだろうか。「孤独死」は個人がいかに死と向き合うのか、そして、地域社会とのコミュニケーションをいかにとっていくかで変わるように思える。老いも若きも、「終活」を今一度考えてみてはいかがだろうか。若いアナタだって、「孤独死」する可能性は決してゼロではない。

otoiawase