お客様の声

気持ちに整理がついた、ありがとう。

お客様の声1

私の妻が亡くなって家も一人では広すぎてなんだか寂しい感じがしていました。子供はおらずこの際に家を売却してホームへお世話になることになった為整理をお願いしましたが、仕事の姿勢がすばらしくわがままも聞いてくれて本当に良い業者さんでした。

すぐに対応していただいて本当に助かりました。

お客様の声2

親が亡くなり関西から通う事が遠いので出来なくてネットでこちらを見つけてすぐに申し込みました。驚いたのはすぐ見積りに来てくれて次の日に作業してくれたので2日間滞在しただけで明け渡しまでできました。丁寧・親切でおすすめな業者さんです。

ここまで作業をやってくれてとても感謝です。

お客様の声3

孤独死をしてしまった親の家だったのですが臭いが強く私たちでは部屋に入る事も偲びなくてクリーンサービスさんを知人に紹介されて依頼したらすべて遺品の取り分けや書類などの発見など最後の清掃も臭いが無くなるまでやっていただいて、実は他の業者さんにも相談したのですが対応が悪くて防護服等を着ないとできないなど言われ気分的にも傷心していました。でもクリーンサービスさんはほかのところよりも気持よく作業を引き受けて下さって本当に感謝しています。ありがとうございました。

相見積りは必要ない!選ばれているのは正直なお見積りをご提案しているからです。

論より証拠をお見せします。

遺品整理業者を検索するとたくさんの業者が検索に出てまいりますよね。そこでどこが信頼できるのか要望に応えてくれるのかをホームページで判断しなくてはなりませんが、ほとんどが一緒の売り文句を並べているのが現状です。
どこどこの協会に入っているから安心というのはありません。上記画像はその協会認定の業者と弊社のお見積りを同じ物件で比較した結果です。

本当に真摯に「遺品整理のお見積り」をご依頼者に提示できるのは正直にお応えする姿勢がある業者としてご依頼者の不安と疑問に答えられる誇りを持っているからではないでしょうか。

遺品整理クリーンサービスでは、多くの実績と信頼を得て他のどこにもない遺品整理のお手伝いを提供しています。その為、企業努力も惜しんではいません。料金の透明性をお伝えするべく現場でいただいた見積書を「論より証拠」として参考にしていただければと思います。

遺品整理なら少量から大量のごみ屋敷まで対応

料金の目安について

遺品整理専門の強み

故人が亡くなった後には遺品と呼ばれる生きてきた証が残ります。その遺品を忙しいご遺族に代わり整理してくれる「遺品整理人」が存在しています。 遺品整理クリーンサービスの作業は従事したスタッフでの作業で「最短1日」でそのままの状態から遺品を整理します。
当社の遺品整理は最低限の人数で費用対効果を最大限に考えた遺品整理作業になります。故人の遺品を丁寧に扱いスピーディーに整理しご遺族の時間を軽減できるような計画がプロには必要になります。

    遺品整理作業の実際の動画でご説明いたします。

他社とは違う、実績と信頼のあるサービス紹介

遺品整理の説明 遺品整理後のフルハウスクリーニング 遺品整理後の特典

なぜ、遺品整理と清掃を一緒に行うのか?

私たち人間が一生を生きていくためには「人の支え」があるからこそ人生を過ごしていけるのだと思っています。

整理作業

「遺品整理はこれからの仕事だ」「他にないやりがい」など民間資格を所得してプロをアピールする昨今で、本当にご依頼者に必要な事とは、今後の展望や資格ではなく「ご遺族の為の遺品整理サービス」が必要なのではないでしょうか。

「困ったときはお互いさま」という言葉があるように昔は遺品整理を親族や近隣の方で行っていましたが、現在ではそれぞれのご事情があり行えなくなっているのが現状です。しかし、そのままにしておくことは故人の為にもご遺族の為にも良いことではないと思います。

書類や通帳の捜索

なぜならば、空き家にしていても不審者が不法に侵入しゴミ屋敷にしてしまい火災に発展するケースや賃貸物件ではいつかやろうと思っていて気が付いたら3ヶ月~半年もの月日が経ってしまっていた。

賃貸物件では、「家賃」が住んでいなくても発生してしまいます。もし、1ヶ月80,000円の家賃であれば半年で480,000円もの家賃を誰も住んでいなくても支払うことになるわけです。

清掃作業

お部屋を片付けるには片付ける費用が必要になります。そして明渡しの場合には片付け費用と清掃費用の2つが必要になってまいります。それぞれを別に依頼するほどご遺族はヒマがあるわけではありません。そこでクリーンサービスでは、整理と清掃の両方を提供できるサービスにすれば良いのではないかという結論に至りました。

一般的な遺品整理業者ではきめ細かく清掃はしていないのが現状ですが、クリーンサービスはご遺族の忙しさや悲しみを知っています。労力の軽減のお手伝いができればと思いクオリティーを重視した業界でもワンランク上の人材と技術をゴールを決めずに取り組んでいます。「賃貸契約にもよりますがハウスクリーニングを行っていれば敷金が変更されることもあります。」

故人を偲ぶ事は誰しも必要な期間があると思いますが、「遺品整理も供養の一つ」として一度片付けてから故人を偲ぶ事はいかがでしょうか。

遺品整理人

《密着、遺品整理人第三弾スーパーニュース》孤独死をした現場にあったもうひとつの小さな命

テレビで放送されました

ご依頼の流れ(遺品整理通常プラン)

  1. 1.弊社Webサイトからお問い合わせ

    お問い合わせ

    急いでいるお問い合わせにもお見積りにお伺いできるスタッフを探して対応できる様にしておりますので安心してご相談ください。
    お見積り日時と作業日時の予定をあらかじめ決めておくとスムーズなご予約が可能になります。

  2. 2.訪問のお見積り(総額提示)

    お見積もり

    当社ではお見積りにお伺いし、物量を拝見させていただきその場で「合計金額」をご提示致します。対応エリア内はどこでも必ずお伺い致しますのでお問い合わせの上、お見積りご予約ください。

    近年ではお見積り時に過剰に安くお見積りを提示し、あとから高額な請求をする業者が存在致しますのでお気を付け下さい。

  3. 3.的確・丁寧な作業

    1日で終わる作業

    遺品整理の作業に付いては現在1ルームから戸建まで「最短1日で完了」しておりますのでご安心ください。1日で終わるから雑な作業ではなく、遺品整理だけを毎日やってきたスタッフだからプロの作業や段取りができています。作業は遺品整理と片付け・清掃を全てセットで行います。

    遺品整理の専門と言いつつ未熟な業者ではお客様宅内で全ての物品を分けたり、清掃も60分~120分しか行わない、何日も掛かったりする業者も存在しますので見極めのポイントは創業年数等(7年以上)を参考にしましょう。

  4. 4.遺品整理後のご精算

    ご清算

    すべての作業が終わり次第、現金またはクレジットカードの併用清算も可能です。クレジットカードは専用のモバイル通信機器で暗号化してクレジット会社へその場で送信しますので安心です。
    お振込によるご清算は、作業前に全額のお振込後作業に入ります。

    遺品整理の時間軸

    遺品整理専門と廃品回収・便利屋などの業者ではサービスと質が異なります。サイト上に過剰な表現「全てコミコミ」や「全国対応」などの表現がある場合は一度冷静に考えてから決めましょう。
    例えば、会社の所在地が名古屋にあり北海道のお客様が依頼しようとした場合、下請け業者に仕事を振らないで名古屋からはたして本当に来るのか?その場合北海道の業者に比べ料金的には高額にならないのかなど。
    もともと産廃業者で特有のすべてコミコミなどというどんぶり勘定で見積りを提示し、お客様が見積りに納得いかなかったらその場で10万・20万と訳の分からない割引をして契約をとる業者など。

    私たちはお客様に相見積りの無駄をしない様に悪質な業者の手口をすべて知っています。

物を無駄にしない遺品の買取サービス

遺品の買取

対象品 料金
(税別)
動作確認日数 詳細
家電類 処分金額から相殺 即時 弊社スタッフがお見積り時・作業時に動作確認をさせていただきます。
製造より2~3年以上前のものについては対象外になります。
家具類 処分金額から相殺 即時 弊社スタッフがお見積り時・作業時に状態や傷などを確認させていただきます。
白物の家具が人気の為、婚礼家具は対象外となります。
工具・道具類 処分金額から相殺 即時 弊社スタッフがお見積り時・作業時に動作確認をさせていただきます。
動作するもの以外は対象外となります。

お部屋の中で亡くなった遺品整理

孤独死整理本部、わけあり(孤独死・自殺)の遺品整理も遠慮なくご相談ください。

わけありのお部屋(孤独死・自殺・ゴミ屋敷)などの整理をお願いしたいというご要望もたくさん頂いております。
ご遺族がお部屋を目にするのはショックなことでありその中で遺品整理を行う気力も沸いてこないケースも少なくありません。
しかし、お部屋をそのままにしておいても先へ進むことができません。近隣への配慮や不動産業者の苦情など そんな時こそ私たちに依頼することによりご遺族様がショックなお部屋を見た思い出よりも故人様を想った思い出が 残るのではないでしょうか。⇒わけありの遺品整理のご案内

当社では最先端の臭いセンサーを用いてお部屋を元の臭いレベルまで戻します。

臭いセンサー

当社では、たくさんの孤独死物件・自殺物件などの遺品整理と特殊清掃を行ってきました。そして、大家さんとご遺族様との間で「死臭」について論争を見ることが少なくありません。
部屋を貸す側と部屋を借りていた側では全く意見が違ってまいります。「お互い気持ちよく明渡しができない物か」ということを追求した結果、元のお部屋のレベルまで臭いを抑えることでその論争は亡くなるのではないかと思い導入をしています。

もちろん、臭いを抑える機械ではありませんが「臭気」については5分おきに数値を確認できる機能を備えており当社の特殊清掃で外の臭いと同じようにお部屋の臭気を戻すことが可能になっています。

導入してからは大家さんとご遺族側での「死臭」に関するトラブルもなくなりお互いが気持ちよく明渡しができるようになりました。

最新スタッフブログ

遺品整理人blog

ページの先頭へ